• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第114号

ここから本文です。

更新日:平成29年6月12日

静岡県くらしのめ~ル第114号(2016年6月24日配信)

安全・安心な生活のため、リコール情報を利用しよう

私たちが、家電製品や自動車、飲食物など身近にある製品を利用する中で、思いがけないトラブルや身体や健康に被害が及ぶことがあります。
最近では、発火する恐れのあるノートパソコン用のバッテリーパックやアレルギー表示が不十分であったチョコレートなどのリコール情報が新
聞やテレビで発表されました。

リコールとは、商品を製造・販売した事業者が回収、無償点検・修理、交換、返金等を行うことです。
多くのリコール情報は、新聞の社会面に掲載される「社告」などで知ることができます。
また、消費者庁、経済産業省、事業者などのホームページからも探すことができます。
リコール情報検索サイト(外部サイトへリンク)」(消費者庁)

もしリコール対象になっていない製品でのトラブルや事故にあった場合も、同じようなトラブルが他でも起きていないか、ホームページで確認できます。
事故情報データバンク(外部サイトへリンク)」(消費者庁、国民生活センターほか)
自分が購入した製品や購入を検討している製品がリコール対象になっていないかなど情報収集を積極的に行うことは、自分や家族の安全を守ることにつながります。

もしも製品事故にあってしまった場合・・・

けがや病気になった場合は、すぐに使用を中止し、医療機関で診察、治療を受けましょう。診断書をもらうことや、治療費の領収証を残すことも大切です。
製品事故は、品質上の問題のほか、様々な要因が関連して発生します。
原因を調べる必要がある場合もあるので、まずは、お住まいの消費生活センターに相談しましょう。その際、参考となるので、事故品は捨てたりせず、そのままの状態で手元に保管しておきましょう。
さらに、けがや事故の状況を写真に残したり、使用状況、事故発生日時、場所、購入店、購入日、製品型式、使用年数などを記録したり、まとめておくとよいでしょう。

室内でも熱中症対策を心がけましょう

今年の夏は、厳しい暑さが予想されます。節電の影響等で冷房器具の使用を控える家庭が多くなっていますが、熱中症にかかる方が増えることが危惧されています。
熱中症は生命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。

アドバイス(予防法)

  • 屋外では帽子や日傘を使用する
  • 意識的に水分を摂る
  • 大量に汗をかいた時は塩分補給も忘れずに

環境省では暑さ指数のメール配信サービスを行っています。このほか、スマートフォンのアプリ等でも配信されていますので、熱中症予防のための参考に活用してみてはいかがでしょうか?
https://www.pref.shizuoka.jp/bousai/shobo/netyuusyou.html

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?