• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第115号

ここから本文です。

更新日:平成29年6月12日

静岡県くらしのめ~ル第115号(2016年7月8日配信)

旅行を予約したけど…キャンセルできない?!

7月に入り、夏休みの季節がやってきました。家族旅行、友人との旅行、一人旅・・・様々な形で旅行を計画されることと思いますが、例年、この時期は、旅行契約に関するトラブルが全国の消費生活センターや日本旅行業協会などに多く寄せられています。
特に、旅行キャンセルに関する相談は、旅行会社が大手かどうかに関係なく寄せられています。
インターネットから旅行予約を行う場合は、たとえ、スマートフォンの画面が小さくて読みづらい場合でも、サイトに書かれた注意書きをよく読みましょう。
対面や電話の場合は、書面を受け取るだけではなく、口頭でキャンセル条件等を確認しましょう。室内でも熱中症対策を心がけましょう

相談事例

  • 「キャンセル手数料無料」と表示されていたのにキャンセル料を請求された
  • 2ヶ月以上先の宿泊予約で、予約したその日の内にキャンセルしようとしたら返金不可と言われた

アドバイス

多くのトラブルの原因は、キャンセルに関する消費者と旅行事業者との認識の違いにあります

  • キャンセル料を含め、契約条件をよく確認しましょう。「キャンセルはできるが返金はできない」という場合もあります。
  • 同じ行程で別日程のツアーに変更してもキャンセル料がかかることもあります。
  • トラブル時の問合せ先を確認しておきましょう。
  • インターネット予約の場合は、信頼できる旅行予約サイトを選びましょう。

<旅行予約サイト選びのチェックポイント>

  • 事業者の名称、住所、代表者・責任者の氏名、旅行業登録の有無が分かりやすいか
  • 問合せ連絡先・受付時間・対応言語の記載が十分か
  • 契約条件が確認しやすいか〔契約当事者、支払代金額・内訳、支払方法(先払いか、現地払いか等)キャンセル条件、利用規約・約款〕

(※)ご旅行の申し込み時に知っておきたいこと(日本旅行業協会)(外部サイトへリンク)

液体の入ったスマートフォンケースからの液漏れにご注意!

様々なスマートフォンケースが販売されていますが、そのうち、内部に液体が封入された商品から漏れた液体が皮膚に付着し、化学やけどを負った事例が報告されています。
この他、「漏れた液体でかぶれた」「においで気分が悪くなった」という相談も国民生活センターに寄せられています。

  • 液漏れが確認された場合は、直ちに使用をやめましょう。
  • 液体が皮膚に付着した場合は、直ちに洗い流し、液体がしみ込んだ衣類は使用し続けないようにしましょう。

(※)国民生活センターの発表情報(外部サイトへリンク)

国民生活センターにて、平成28年度消費生活相談員資格試験の申込を受付中です

今年の4月から国家資格となった、消費生活相談員資格試験について、7月29日(金曜日)まで国民生活センターで申込を受け付けています。
消費生活相談員は、県や市町の消費生活センターで日々、消費者からの相談対応・事業者と消費者との間に立っての調整などに活躍してい
ます。
第1次試験(平成28年10月15日(土曜日))は、静岡市内でも受験可能です。
受験をお考えの方、また、将来受けようかな?とご興味をお持ちの方は、国民生活センターHP(外部サイトへリンク)をご確認ください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?