• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第119号

ここから本文です。

更新日:平成29年6月19日

静岡県くらしのめ~ル第119号(2016年9月9日配信)

備えて安心!“もしも”のための防災ワンポイント!

阪神淡路大震災や東日本大震災、最近では熊本地震などの大規模災害が発生した後、災害に便乗した義援金詐欺や住宅リフォームの強引な勧誘等の悪質商法に関する消費生活相談が多く寄せられました。悪質商法の手口を知り、いざという時に備えましょう!

主な相談事例

  • 住宅や屋根の修理・補修に関する相談
    自宅に業者が訪れ、「地震で瓦が落ちているので、すぐに修理をした方が良い」と言われた。雨漏りがするので、ブルーシートを掛けてもらったが、高額な費用を請求された。
  • 義援金に関する相談
    公的機関を名乗る女性から電話があり、「災害の義援金を集めている。1口3,000円だ。このあと、集金に伺いたい。」と言われた。公的機関が直接、義援金を募ることがあるのだろうか。
  • 災害に便乗した悪質メールに関する相談
    地震の揺れを感じた後、「地震速報」というタイトルのメールが届いた。「詳細はこちら」とあったため、クリックすると、突然、出会い系サイトにつながり「御利用ありがとうございます。利用料金は3万円です。」と表示され、画面が固まってしまった。

アドバイス

  • 頼んでもいないのに押しかけてきて、しつこく勧誘する業者には注意して、その場ですぐに契約しないようにしましょう。
  • 公的機関が、各家庭に直接電話を掛け、義援金を募ることは考えられません。
    公的機関から連絡があった場合は、一旦電話を切り、当該機関へ確認をしましょう。
  • また、義援金を募っている団体等の活動状況や使い道を確認し、納得した上で募金するようにしましょう。
  • 送信者のアドレスを確認し、身に覚えのないところから届いたメールのサイトへ安易にアクセスしないようにしましょう。万が一、身に覚えのないサイト利用料など請求されても、あわてて支払わないようにしましょう。
    詳しくは、国民生活センター「平成28年熊本地震発生に関連する注意喚起」(http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/sn-20160415.html)をご覧ください。

脱毛エステサロンを運営する事業者に業務停止処分

消費者庁は、8月24日にエステティック(脱毛)の役務を提供していた株式会社グロワール・ブリエ(屋号:エターナル・ラビリンス)に対し、「概要書面の不交付」「契約書面の記載不備」「虚偽誇大広告」「役務の内容に関する不実告知」があったとして、業務の一部を停止(9ヶ月)するよう命じました。
脱毛エステを契約する際、ちょっと気をつけるだけでトラブルを回避することができます。分からないことは事業者に確認するなど、しっかりと正しい情報収集を行い、その場ですぐに契約をせず、内容をよく検討し、納得してから契約をしましょう。
詳しくは、消費者庁「脱毛エステ契約のポイント」
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/pdf/160824kouhyou_2.pdf)をご覧ください。
困ったときは、一人で悩まずに「消費者ホットライン」188番に電話で御相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?