• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第121号

ここから本文です。

更新日:平成29年6月19日

静岡県くらしのめ~ル第121号(2016年10月14日配信)

1,000万円以上の高額請求も!美容医療トラブルに注意!

自由診療が中心である美容医療では、費用は個々のクリニックで自由に設定できます。
しかし、料金が明確な基準に基づいて請求されているか不明な場合があることから、注射数本で1,000万円前後の請求を受けたり、費用が不明確なまま施術された後に高額請求されるなどの費用に関するトラブルが、高齢女性を中心に発生しています。

美容医療は病気の治療と異なり、本人がなりたい姿を実現するための施術であるため、医師による十分な説明のもと、本人が納得して施術に同意することがより重要になります。しかしながら、施術内容や費用、リスクについて納得しないまま即日契約・即日施術をさせられてしまうケースが少なくありません。美容医療の性質上、トラブルになっても相談できずに悩んでいるケースも目立ちますが、まずは消費生活センターへ相談をしてみましょう。

相談事例

  • しわ伸ばしのためにクリニックに行ったら即日施術され、約1,300万円請求された。
  • 相談のつもりで訪れたがしつこく勧誘され、施術するまで帰れないと感じたため、仕方なく即日施術してしまった。
  • リフトアップの注射をしたが、効果の説明や高額な請求に納得がいかない。
  • しわをとる施術をしたが、腫れがひかない。ずさんな施術なのに高額な支払いに納得がいかない。

アドバイス

  • リスク無く簡単にきれいになれるとうたう広告をうのみにしないようにしましょう。
  • 医師の担当する範囲や施術の流れを十分に確認しましょう。
  • 想定より高額な料金を提示された場合等、契約しない場合はその意思をはっきり伝えましょう。特に、希望しない即日施術ははっきり断りましょう。
  • 高額な契約をしてトラブルになった場合等には、消費生活センターに相談しましょう。

より詳しく知りたい方は、国民生活センターホームページをご覧ください。http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160915_1.html

 

「資源・リサイクルフォーラム」のお知らせ

静岡県では、家庭からのごみ排出量削減と地域のリサイクル活動の活性化を図るため、3R推進に関する講演会を行います。今年度のテーマは「食品ロスの削減」です。入場無料、申込不要ですので、多くの皆様の御参加をお待ちしています。

【日時】平成28年10月21日(金曜日)14時~16時
【場所】静岡市民文化会館中ホール
【内容】
講演:地域資源を活用した「うなぎいも」の取組
講師:うなぎいも協同組合(浜松市)理事長:伊藤拓馬氏

事例発表:「ふじのくに食べきりやったね!キャンペーン」に参加して、食品過剰廃棄社会ニッポンと飲食店経営を考える
講師:株式会社こころ(浜松市)執行役員本部長外食事業部営業部:太田裕二氏

特別講演:フードロス・チャレンジ・プロジェクトについて
講師:フードロス・チャレンジ・プロジェクト代表:大軒恵美子氏

【お問い合わせ先】
静岡県くらし・環境部環境局廃棄物リサイクル課(電話054-221-2137)

詳細はこちら
*県廃棄物リサイクル課ホームページ内http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-040/zeroforum/h27shigenforum.html

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?