• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第125号

ここから本文です。

更新日:平成29年6月19日

静岡県くらしのめ~ル第125号(2016年12月9日配信)

元気なシニアも消費者トラブルに御注意!

最近、元気なシニア、アクティブシニアのトラブルが増加しています。お互い声をかけあって、消費者トラブルに気をつけましょう!

★アクティブシニアのトラブルが増加!
県内の消費生活相談件数約26,000件のうちの4割が60歳以上の方が契約当事者の相談です。
近年は、インターネットやスマートフォンを利用する60歳以上の方が増えているため、アダルトサイト等のデジタルコンテンツや、インターネット通販、光ファイバー等の情報通信関連の相談が増加しています。
トラブルを自ら解決しようとして方法をインターネットで調べて二次被害に遭うこともあります。トラブルの解決をうたう事業者による二次被害や公的機関をかたる詐欺的な手口に御注意いただき、困ったらすぐに消費生活センターへ相談しましょう。

<情報通信関連の相談事例>

  • アダルトサイトから料金を請求され、ネット検索した探偵業者と契約してしまったが、断りたい。
  • インターネットで海外のホテルの予約とキャンセルを何度かしたら、クレジットカードに複数の請求がきてしまったが、英語で書かれていてよく分からない。

★電話勧誘販売や訪問販売トラブルもまだまだあります!
高齢になるほど電話勧誘販売や訪問販売のトラブルが増加します。自分だけで判断せず、契約する前に、周囲の人や最寄りの消費生活センターに相談しましょう。
周囲の方は、日頃から高齢者を見守り・声かけし、様子の変化にいち早く気づいて、相談につなげましょう。

<電話勧誘販売や訪問販売の相談事例>

  • 電話勧誘で次々に健康食品を購入させられ、100万円以上振り込んでしまった。
  • 本来不要な家のリフォームを契約させられてしまった。

★国民生活センターの発表情報はこちらから
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160908_2.html

講座を開催!「基礎から分かる大人のためのライフプラン~未来に備える生活設計~」

「消費者お金のセミナー」として、ライフプランを考えるうえで必要なお金の知識を学べる講座を開催します。ぜひ、お申込みください。

【日時】
平成29年1月25日(水曜日)
(1)午後1時~2時30分(2)午後6時30分~8時
(※)(1)(2)共に同一内容です。御希望の時間帯をお選びください。

【場所】
ぺガサート3階CSA貸会議室(静岡市葵区御幸町3番地の21)
(※)有料駐車場又は公共交通機関をご利用ください。

【定員】
各回30名程度(先着順)

【申込み】
(1)参加者氏名、(2)年齢、(3)参加希望日時、(4)郵便番号、(5)住所、
(6)電話番号、(7)この講座をどこで知ったか
を御記入の上お送りください。

  • ハガキで申込み
    〒420-8720静岡市葵区金座町26-1日本銀行静岡支店内
    静岡県金融広報委員会あて
  • FAXで申込み054-275-0001
  • メールで申込みshizuoka@shiruporuto-net.jp

【申込後】
参加の御連絡は「参加証」の発送をもって代えさせていただきます。
「参加証」は当日お持ちください。

【募集期間】
平成28年11月21日(月曜日)~平成29年1月16日(月曜日)
※定員になり次第締め切らせていただきます。

【主催】
静岡県金融広報委員会・静岡県

【問合せ先】
静岡県金融広報委員会事務局

電話054-273-4112

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?