• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 震災に乗じた貴金属の買取にご注意ください。

ここから本文です。

更新日:平成23年6月9日

震災に乗じた貴金属の買取りサービスにご注意ください!

1要旨

最近、消費者の自宅を訪問し、金やプラチナ等の貴金属を使ったアクセサリー等を買い取るというサービスに関する相談が、全国の消費生活センターに寄せられています。さらに、東日本大震災以降は、震災を口実に貴金属の買取り勧誘を行い、「震災被害の役に立てば」という消費者の親切心につけこむ悪質なケースが全国で見られるようになっています。県内でも、以下のような相談が寄せられていることから、消費者トラブルの未然防止・被害拡大防止のために、情報提供します。

 

2静岡県内の消費生活相談窓口に寄せられた情報

相談内容

若い女性が来訪してきて、「地震で医療機器が不足しているおり、その部品のためにピアスやネクタイピンがないか」と聞かれたが、詳しく聞かず断った。

業者が訪問してきて、「金の宝飾品はあるか。地震の被災地へ送る。イミテーションでもいい。」と聞いてきたが、「ありません」と言って断った。

 

3消費者へのアドバイス

(1)震災に便乗したセールストークなど、業者の言うことをうのみにしないこと

突然訪問してきた業者の言うことが本当のことかどうか、その場で確かめることは難しい。

業者の言うことをうのみにせず、慎重に検討すること。

 

(2)買い取ってもらうつもりがないなら、きっぱりと断ること

不意に業者の訪問を受けても、買い取ってもらうつもりがなければきっぱりと断ること。

いったん業者に渡った貴金属を取り戻すことは大変困難である。貴金属を買い取ってもらう必要があるかどうか、よく考えてから契約すること。

買取りを断っても業者に居座られたり、買取りを強く迫られて怖い思いをしたときには、警察に連絡すること。

 

(3)不安になったら、消費者ホットラインへ相談しよう!

判断に迷ったり、不安になったら、消費者ホットライン0570(064)370に相談すること。

トラブルにあう前に電話をしてください。お住まいの郵便番号7桁を入力いただくと、最寄の消費生活相談窓口につながります。

 

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?