• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 防災・安全・防犯 > しずおか防犯まちづくりトップページ > ふじのくに防犯まちづくり行動計画

ここから本文です。

更新日:平成29年3月17日

ふじのくに防犯まちづくり行動計画
次世代しずおかの安全・安心を見据えた防犯まちづくりの推進

県では「防犯まちづくり条例」及び「防犯まちづくり行動計画」を両輪として、官民が一体となった防犯まちづくりを推進するため、これまで様々な施策に取り組んできました。その結果、県内の刑法犯認知件数は11年連続で減少するなど、大きな成果を上げましたが、依然として高齢者を狙った「振り込め詐欺」や犯罪の前兆となる「子ども・女性に対する声かけ等の不審者情報」は多数発生しています。

前行動計画の計画期間が平成25年度までであったため、県では、県民に対し防犯まちづくりに関するアンケート調査を実施するとともに、その結果を参考に有識者懇談会を開催し、これまでの成果及び課題について検討しました。
「ふじのくに防犯まちづくり行動計画」は、この有識者懇談会から出された提言をもとに、防犯まちづくり庁内推進本部にて原案を策定し、パブリックコメントでの意見を踏まえて決定しました。

行動計画の概要

  1. 計画期間 平成26年度から平成29年度までの4年間
  2. テーマ 次世代しずおかの安全・安心を見据えた防犯まちづくりの推進
  3. 目的 犯罪の起きにくい社会づくり
  4. 目標 刑法犯認知件数27,000件以下(体感治安に影響を及ぼしやすい、県民に身近な9罪種については7,700件以下)とする。
〇県民に身近な9罪種:自転車盗、オートバイ盗、自動車盗、空き巣、忍び込み、居空き、ひったくり、強制わいせつ、公然わいせつ
  5. 最重点項目 犯罪のターゲットになりやすい「子ども・女性・高齢者等の安全確保」
  6. 施策の柱 (1)次世代しずおかの安全・安心を担う「人材育成」
(2)犯罪防止に配慮した「環境づくり」
(3)地域の見守り力向上のための「情報提供」

推進体制

静岡県が一丸となって、防犯まちづくりを推進していくためには、県民による「安全・安心ネットワーク」が必要です。

「安全・安心ネットワーク」とは、各地域団体や事業団体等が「県--市町--地域」と垂直につないでいる「縦のネットワーク」と、「県」、「市町」、「地域」の各レベルにおいて様々な団体や組織が水平的につながる「横のネットワーク」を組み合わせて構築されるネットワークのことです。

この「縦・横のネットワーク」の土台に、家庭を単位とした地域住民が加わることにより、地域の絆を強化し、地域住民と市町及び県が一体となった隙のない推進体制を築き、犯罪を生まない、また、犯罪に対して隙を与えない地域づくりを目指します。

なお、「横のネットワーク」として、県では「しずおか防犯まちづくり県民会議」、市町には「市町安全協議会」、地域では「地区安全会議」が設置されています。

まちねこ顔1

推進体制

ダウンロード

関連ページ

 

トップページへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局くらし交通安全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3715

ファックス番号:054-221-5516

メール:kurashi-kotsu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?