• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 防災・安全・防犯 > しずおか防犯まちづくりトップページ > 本県被災時における防犯まちづくり対策

ここから本文です。

更新日:平成28年10月4日

本県被災時における防犯まちづくり対策

東日本大震災の被災地においては、空き巣等の犯罪が増加するとともに、その他の地域においても、人の善意に乗じた詐欺等への不安が広がっています。予想される東海地震の発生時には、本県においても、混乱に乗じた犯罪等の発生が懸念されます。

地震による災害に直面した状況においては、県民のお互いの信頼感が重要です。被災時において、こうした心無い犯罪が行われることは、地震・津波等の被害で厳しい状況にある被災者の心の動揺を拡大することから、本県被災時における防犯まちづくり対策は、正に県行政を挙げて取り組むべき課題であり、関係部局が緊密に連携して総合的に対策を進めていく必要があります。

このため、県では、「本県被災時における防犯まちづくり対策」を取りまとめ、関係部局において、同対策に基づき、本県被災時における防犯まちづくりに万全を期すこととしました。

なお、被害想定の見直しや、他地域における経験を踏まえ、より効果的な措置を講じていくため、必要に応じて見直しを行うこととしています。

 

 

概要

東海地震による災害に直面した状況においては、県民のお互いの信頼感が重要

 

予想される東海地震の発生時:混乱に乗じた犯罪等の発生が懸念

(地震・津波等の被害で厳しい状況にある被災者の心の動揺を拡大)

 

本県被災時における防犯まちづくり対策は、正に県政を挙げて取り組むべき課題

平成23年8月5日防犯まちづくり庁内推進本部決定

関係部局がより緊密に連携して対策を進める

発災直後から着手する防犯まちづくり対策

  • 災害に便乗した悪質商法・詐欺等による被害防止
  • 家屋、無人店舗等の防犯情報の発信
  • 被災時における子ども・女性の安全確保
  • 流言飛語への対応等

復旧期から着手する防犯まちづくり対策

  • 仮設住宅、復旧する事業所等の防犯対策
  • 震災に起因する法的トラブルに関する法律相談等

復興期から着手する防犯まちづくり対策

  • 防犯まちづくりへの取り組みの呼びかけ
  • 安全な交通環境の整備等

 

ダウンロード

トップページへ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局くらし交通安全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3715

ファックス番号:054-221-5516

メール:kurashi-kotsu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?