• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 国際交流 > 多文化共生の地域づくり > やさしい日本語の取組

ここから本文です。

更新日:令和4年4月26日

やさしい日本語の取組

静岡県は、「言葉の壁のない静岡県」を実現するため、やさしい日本語の普及に取り組んでいます。

「やさしい日本語」は、難しい言葉を言い換えるなど、相手に配慮したわかりやすい日本語のことです。

外国人、子どもやおとしより、障がいのある人など、様々な人に役立つ表現方法の一つです。仕切り線(ナビなし用 - 幅960px)1

やさにち富士夫くん

取組事例

Facebook

過去事例

やさしい日本語チラシ「使ってみよう、やさしい日本語。」

「やさしい日本語」の考え方や、静岡県の取組などを紹介するチラシです。「やさしい日本語」をまだ知らない方にもお知らせください。

チラシ「使ってみよう、やさしい日本語。」(PDF:761KB)

 

やさしい日本語動画「話そう、やさしい日本語。」(外部サイトへリンク)

「やさしい日本語」の考え方が、動画でわかります。

外国人とのコミュニケーションをより、円滑にするため、「やさしい日本語」を始めてみませんか。


話そう、やさしい日本語。トップページ話そう、やさしい日本語。ラストページ

「やさしい日本語」の文書の作り方

「やさしい日本語」の文書の作り方のページです。

「やさしい日本語」で文書を作ってみましょう。

<やさしい日本語で話すポイント>

  • 一文を短くし、余分な情報をいれない
  • 難しい言葉を易しい言葉に置き換える」(例:記入する⇒書く)
  • 「ふらふら」、「ワンワン」などといった擬態語・擬音語を避ける
  • 大切な情報を前に持ってくる
  • 身振り手振りや絵でも伝える

 静岡県における「やさしい日本語」を使った事例

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局多文化共生課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3310

ファックス番号:054-221-2642

メール:tabunka@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?