• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 建築・住宅 > 建築安全推進課トップページ > くらし・環境部建築安全推進課建築確認検査室 > 静岡県の取扱い(静岡県が特定行政庁として所管する建築物等について) > 既存住宅の屎尿浄化槽付替え時の処理対象人員算定基準のただし書き取扱い要領について

ここから本文です。

更新日:令和元年6月5日

既存住宅の屎尿浄化槽付替え時の処理対象人員算定基準のただし書き取扱い要領を定めました。(平成30年10月1日施行)

住宅に設置する浄化槽の処理対象人員については、平成12年に改正された日本工業規格「建築物の用途別による屎尿浄化槽の処理対象人員算定基準(JISA3302)(以下「JIS算定基準」という。)に基づいて算定することとなりますが、このうち既存の住宅について、現状の世帯人員等に応じ、JIS算定基準が実情に添わないと考えられる場合として取扱うことができるものとして、JIS算定基準のただし書き取扱い要領を定めました。

少子高齢化等により、広い住宅であっても実際の居住人員が減少している場合があるため、少人数世帯の既存住宅の浄化槽を更新する際には、一定の適用条件を満たした場合に限り、JIS算定基準で定められている「7人槽」を「5人槽」に低減できることとします。

 

(注)本緩和適用後に住宅を建替える際にはJIS算定基準のただし書きは適用されないため、浄化槽の入れ替えが必要となる恐れがあります。緩和適用にあたっては御注意ください。

適用条件(抜粋)

  • 一戸建ての既存住宅であること。(台所及び浴室が2以上ある住宅は不可)
  • 実居住人員及び予定居住人員が5人以下の世帯であること。
  • 予測水道使用量が1立方メートル/日以下であること。(検針票等の使用水量を明らかにする資料が必要。)

要領・様式

既存住宅の屎尿浄化槽付替え時の処理対象人員算定基準のただし書き取扱い要領・様式「ただし書き適用願い」

本取扱い要領の適用区域は、静岡県が特定行政庁となる区域に限ります。その他の区域については、浄化槽の設置場所に応じた問合せ先(PDF:46KB)に御確認をお願いいたします。

申請方法

浄化槽設置届出書に「ただし書き適用願い」を添付して提出してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課建築確認検査室

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3075

ファックス番号:054-221-3567

メール:kenkaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?