• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 道路 > 道の情報 > 安全な生活を実現するみちづくり > 通学路交通安全プログラムによる交通安全対策

ここから本文です。

更新日:平成28年8月1日

通学路交通安全プログラムによる交通安全対策

(要旨)

 通学路の交通安全推進に関する国の通知に基づき、県及び30市町では「静岡県通学路対策推進会議」を設置し、「静岡県通学路交通安全プログラム~通学路の安全確保に関する取組方針~」を策定しました。今後は、同プログラムに基づき、継続的に通学路の交通安全確保を図っていきます。

 なお、30市町以外の政令市、伊東市、三島市、島田市においても、各市がプログラムを策定して、同様に交通安全確保を図っていきます。

1 プログラムの目的

 教育委員会、警察、道路管理者が連携して交通安全の推進組織を設置し、合同点検等の取組方針を定めることで、継続的に通学路の安全を図っていきます。

2 推進組織

 教育委員会、警察、道路管理者が連携し、県及び30市町が参加する「静岡県通学路対策推進会議」を設置しました。

 30市町では、各市町単位で、教育委員会、所轄警察署、道路管理者、所管土木事務所からなる組織を構成しました。

3 取組方針

 下記PDCAサイクルを実施し、継続的に通学路の交通安全確保を図っていきます。

 P:対策箇所の抽出、合同点検の実施、対策計画の策定

 D:対策の実施

 C:対策効果の把握

 A:対策の改善