• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 道路 > 道路保全課 > 交通安全施設の整備に関すること > 幹線道路の事故抑止対策(事故危険箇所緊急対策)

ここから本文です。

更新日:平成26年4月16日

幹線道路の事故抑止対策(事故危険箇所緊急対策)

幹線道路上の事故発生割合の高い区間を「事故危険箇所」に指定し、平成15年度から優先的な安全対策(「事故危険箇所緊急対策」)に取り組んでいます。

事故危険箇所は、5年ごとに見直ししており、最新の事故危険箇所は平成21年3月指定されたものです。指定された箇所については、平成24年度までに対策を完了し、死傷事故件数を約3割抑止することを目標に対策を行っています。

施策の内容

(1)箇所数

全国 3,196箇所
静岡県 182箇所

うち、県管理道路分

全箇所 単路部 交差点部
91箇所 58箇所 3箇所

(2)道路管理者と公安委員会が連携した事故対策の内容

  公安委員会 道路管理者
単路部
  • 高輝度道路標示
  • 法定外表示(文字・マーク・矢印等)
  • 横断歩道
  • 信号機設置
  • 標識の高度化(灯火式・大型化等)
  • 歩道等の設置
  • 道路照明の増設
  • 視線誘導標の設置
  • 車道外側線・中央線・車線境界線
  • 路面表示(文字・マーク・矢印等)
  • カラー舗装による注意喚起
交差点部
  • 信号現示改良
  • 横断歩道
  • 信号機設置
  • 進行方向別進行区分
  • 導流帯
  • 交差点改良(右折レーン設置)
  • 交差点のコンパクト化
  • 道路照明の増設
  • 路面表示(文字・マーク・矢印等)
  • カラー舗装による走行車線の明確化

 

(3)対策実施例

(主)袋井大須賀線(袋井市諸井)

【対策前】
対策前
【対策後】
対策後

 

お問い合わせ

交通基盤部道路局道路整備課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3018

ファックス番号:054-221-3565

メール:douroseibi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?