• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 河川砂防局ホーム > 河川砂防局施策紹介 > 河川砂防局災害復旧 > 河川砂防局平成19年の公共土木施設災害復旧について

ここから本文です。

更新日:平成29年9月13日

静岡県河川砂防局

  • サイトマップ
  • 交通基盤部トップ

平成19年の公共土木施設災害復旧について

災害復旧 施策紹介

災害復旧

静岡県のくらし 安全・安心を守ります。

担当室

交通基盤部 河川砂防局 土木防災課

電話番号

054-221-2249

〒420-8601
静岡市葵区追手町9番6号

 平成19年の公共土木施設災害復旧について

静岡県における平成19年に発生した道路や河川などの公共土木施設の災害状況は7回の台風や豪雨などの異常な天然現象により県・市町(政令市は除く)合わせて257件、75億7千万円余りの被害を受けました。
これらの災害に対する復旧は、国土交通省や財務省による災害査定を2ヶ月以内に受けることになっており、平成19年は6回の災害査定により被害報告箇所257件のすべてが災害復旧事業に採択されました。
また、査定終了後は速やかに予算の箇所付けを行い早期復旧を図っているところであります。

過去10ヶ年推移表

平成19年異常気象別災害発生件数表

発生年月日

異常気象名

県箇所数

市町箇所数

合計箇所数

3月24日~3月25日

豪雨

9

0

9

5月25日

豪雨

0

1

1

7月14日~7月15日

台風4号

78

30

108

7月23日~7月26日

地すべり

1

0

1

8月24日

豪雨

1

0

1

9月5日~9月7日

台風9号

95

41

136

10月27日

台風20号

1

0

1

合計

185

72

257

▲ページの先頭に戻る

 平成19年に多くの被害を出した台風4号の経路図及び等雨量線図

台風4号は静岡県に7月14日から15日にかけて県内に接近し大雨となった。
台風の通過する14日の日中から15日未明までは、内陸の冷涼な風と台風からの暖湿気流との間での局地前線が明瞭となり、中部から東部、伊豆北を中心に時間20~30mm前後の雨が断続的に降った。また、台風からの暖湿気流が直接入り込むことにより、15日明け方から昼前にかけて、台風を取り巻く本体の雲と暖湿気流の影響で、南東斜面にあたる浜松市天竜区~静岡市~伊豆半島を結ぶライン上を中心に雨雲が活発化し、時間50mm近い強雨をもたらした。

この間、24時間最大雨量が、静岡市畑薙観測所で431mm・伊豆市天城高原観測所420mm・浜松市川竹観測所、浜松市門桁で379mmを観測した。また時間最大雨量は、静岡市畑薙観測所で65mm・浜松市川竹観測所、富士市西船津観測所で49mm・伊豆市天城高原観測所で46mmを観測した。

平成19年に多くの被害を出した台風9号の経路図及び等雨量線図

台風9号は静岡県に9月5日から7日にかけて県内に接近し大雨となった。
台風は965hPaで強い勢力を維持したまま北上し、6日23時過ぎには伊豆半島南部に上陸した。北上速度は時速10~20キロと遅く、通過までの長い間県東部や伊豆を中心とする同一地域に強い雨を継続させた。
また、南東方向からの湿った風が長く続いたことが特徴で、その風が衝突する東斜面(東伊豆、箱根、富士山、梅ヶ島)で継続的に雨雲が発生し、そこで発生した雲が上空の東風に流され、斜面の裏側の地域(中伊豆、西伊豆)でも強い雨が持続した。

この間、24時間最大雨量が、伊豆市湯ヶ島観測所で597mm・御殿場市御殿場観測所584mm・河津町天城観測所で579mmを観測した。また時間最大雨量は、函南町桑原観測所で65mm・御殿場市御殿場観測所で60mm・伊豆市湯ヶ島観測所で58mmを観測した。

過去3年間の公共土木施設災害復旧工事件数と災害復旧工事金額

災害復旧工事件数(件)

事務所名

H17

H18

H19

県・市町

県・市町

県・市町

下田土木管内

100

67

17

熱海土木管内

0

1

0

沼津土木管内

75

18

142

富士土木管内

3

1

12

静岡土木管内

16

1

11

島田土木管内

9

6

33

御前崎土木管内

13

13

6

袋井土木管内

8

6

24

天竜土木管内

10

10

0

浜松土木管内

38

16

10

太田川ダム管内

0

3

2

合計

272

142

257

災害復旧工事金額(千円)

事務所名

H17

H18

H19

県・市町

県・市町

県・市町

下田土木管内

702,559

293,876

103,450

熱海土木管内

0

26,139

0

沼津土木管内

830,712

117,322

2,515,237

富士土木管内

16,588

3,019

102,061

静岡土木管内

1,264,694

16,342

536,097

島田土木管内

401,108

43,982

814,917

御前崎土木管内

117,979

57,117

89,890

袋井土木管内

117,337

27,372

383,473

天竜土木管内

160,417

187,791

0

浜松土木管内

590,685

271,576

474,271

太田川ダム管内

0

141,544

38,777

合計

4,202,079

1,186,080

5,058,173

内転属を含まない

▲ページの先頭に戻る

  災害査定状況

 異常な天然現象

異常な天然現象とは

  1. 河川災害
    (イ)警戒水位以上の出水
    (ロ)河岸高(低水位から天端までの高さ)の5割程度以上の出水(警戒水位の定めのない場合)
    (ハ)河床低下等のため警戒水位の定めが不適当な場合の警戒水位未満の出水
    (ニ)比較的長期間にわたる融雪出水等
  2. 河川以外の施設災害
    (イ)最大24時間雨量80mm以上の降雨
    (ロ)時間雨量等が特に大である場合(時間雨量が20mm程度以上)
  3. 最大風速(10分間平均風速の最大)15m以上
  4. 高潮、波浪(うねりを含む)、津波による災害で被災の程度が比較的軽微として認められないもの
  5. 地すべりによる一定のブロックが概成している地すべり防止施設の災害
  6. 地すべりによる地すべり防止施設以外の災害
  7. 地震による災害
  8. 降雪、低温による災害
  9. 干ばつによる災害
  10. 火災による災害
  11. その他落雷、噴火、噴気、降灰、雪崩、地盤沈下等による災害

参考図書:平成19年災害手帳

 公共土木施設

公共土木施設とは

  1. 河川
  2. 海岸
  3. 砂防設備
  4. 林地荒廃防止施設
  5. 地すべり防止施設
  6. 急傾斜地崩壊防止施設
  7. 道路
  8. 港湾
  9. 漁港
  10. 下水道
  11. 公園

参考図書:平成19年災害手帳

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局河川企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3038

ファックス番号:054-221-3380

メール:kasenki@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?