• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 交通基盤部/河川砂防局砂防課/土砂災害防止法とは/トップページ > 交通基盤部/河川砂防局砂防課/土砂災害防止法とは/区域指定の流れ

ここから本文です。

更新日:平成26年12月3日

    本文へジャンプ

交通基盤部 河川砂防局 砂防課

 
区域指定の流れ
関連ページメニューへジャンプ

基礎調査の実施

都道府県が、斜面や渓流及びその下流など土砂災害により被害を受けるおそれのある区域の地形、地質、土地利用状況等について調査します。
この調査では、調査員が宅地に立入ることがあります。ご協力くださるようお願いします。

急傾斜地の崩壊

急傾斜地(傾斜度が30度以上で高さが5m以上の地形)において、大雨や長雨などにより雨水が地面にしみこみ、ゆるんだ“がけ”が、突然崩れ落ちることをいいます。

地震で起こることもあります。

土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)
(土砂災害のおそれがある区域)
(イ) 急傾斜地(傾斜度が30度以上の土地)で高さが5m以上の区域
(ロ) 急傾斜地の上端から水平距離が10m以内の区域
(ハ) 急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍(50mを超える場合は50m)以内の区域
土砂災害特別警戒区域の指定(通称:レッドゾーン)
(建築物に損壊が生じ、住民に著しい危害が生じるおそれがある区域)
急傾斜地の崩壊に伴う土石等の移動等により建築物に作用する力の大きさが、通常の建築物が土石等の移動に対して住民の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれのある損壊を生ずることなく耐えることのできる力の大きさを上回る区域。
急傾斜地の崩壊(図1) 急傾斜地の崩壊(図2)

土石流

山や谷(渓流)の土、石、木などが、大雨や長雨等による水といっしょになってすごい勢い(およそ時速40~50km)で流れてくるものをいいます。

土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)
(土砂災害のおそれがある区域)
土石流の発生のおそれのある渓流において、扇頂部から下流で勾配が2度以上の区域
土砂災害特別警戒区域の指定(通称:レッドゾーン)
(建築物に損壊が生じ、住民に著しい危害が生じるおそれがある区域)
土石流に伴う土石等の移動等により建築物に作用する力の大きさが、通常の建築物が土石等の移動に対して住民の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれのある損壊を生ずることなく耐えることのできる力の大きさを上回る区域。
土石流(図1) 土石流(図2)

地すべり

大雨や長雨等により雨水が地面にしみこみ、地下水の力によって持ち上げられた地面が、広い範囲にわたり徐々に動き出すものをいいます。

土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)
(土砂災害のおそれがある区域)
(イ) 地滑り区域(地滑りしている区域または地滑りするおそれのある区域)
(ロ) 地滑り区域下端から、地滑り地塊の長さに相当する距離(250mを超える場合は、 250m)の範囲内の区域
土砂災害特別警戒区域の指定(通称:レッドゾーン)
(建築物に損壊が生じ、住民に著しい危害が生じるおそれがある区域)
地滑り地塊の滑りに伴って生じた土石等により力が建築物に作用した時から30分間が経過した時において建築物に作用する力の大きさとし、地滑り区域の下端から最大で60mの範囲内の区域。
 
地すべり(図1) 地すべり(図2)
 
土砂災害防止法とはトップページに戻ります
土砂災害情報マップ
土砂災害(特別)警戒区域指定状況
サイポスレーダー
静岡県建設部ホームページ

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3044

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?