• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 交通基盤部/河川砂防局砂防課/土砂災害警戒情報/トップページ > 交通基盤部河川砂防局砂防課/土砂災害警戒情報/土砂災害警戒情報を支える技術

ここから本文です。

更新日:平成26年5月30日

  本文へジャンプ

交通基盤部 河川砂防局 砂防課

 
土砂災害警戒情報を支える技術
関連ページメニューへジャンプ

土砂災害警戒情報を支える技術

土砂災害警戒情報は、解析雨量(60分間積算雨量)と土壌雨量指数という2つの指標を組み合わせて設定された監視基準(CL)を基に発表されています。

解析雨量とは

解析雨量は、全国に展開されている気象レーダーとアメダス等の地上の雨量計を組み合わせて、1km四方の細かさで解析した雨量分布です。解析雨量は30分ごとに作成されます。 解析雨量を利用すると、雨量計の観測網にかからないような局所的な強雨も把握することができるので、的確な防災対応に役立ちます。

気象庁、国土交通省 の気象レーダー
(全国20点+α点)
※雨の降る領域を面的・連続的に観測
気象庁、国土交通省 都道府県の雨量計
(全国約8,600点)
※地点毎に正確な雨量を観測

解析雨量を算出します。

監視基準イメージ図
解析雨量図
雨の降る領域を面的に把握

土壌雨量指数とは

土壌雨量指数は、土壌中に貯まっている雨水の量を示す指数で、がけに仮想的に設置した3つのタンクの雨量の和として求められる。(雨ががけの中に貯まった後、時間差をもって流出する状態をモデル化したもの)
土壌雨量指数値が高いほど、がけの重みが増し、崩壊する危険性が高くなります。

雨によりがけの重さが増し、表面の土や岩盤がはがれてがけ崩れが発生。土壌雨量指数値が高いほど、がけの重みが増し、危険性は高くなる。
 
土砂災害警戒情報とはトップページに戻ります
土砂災害警戒情報ってなに? 発表された時は
土砂災害情報マップ
土砂災害(特別)警戒区域指定状況
サイポスレーダー
静岡県建設部ホームページ

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3042

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?