• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 交通基盤部/河川砂防局砂防課/その他の情報/トップページ > 交通基盤部河川砂防局砂防課/その他の情報/土砂災害防止広報活動

ここから本文です。

更新日:平成28年2月22日

  本文へジャンプ

交通基盤部 河川砂防局 砂防課

 
土砂災害防止広報活動
関連ページメニューへジャンプ
みんなで防ごう土砂災害のかんばん

土砂災害防止月間

国土交通省と都道府県は、毎年6月を土砂災害防止月間として、土砂災害に対する県民の理解と関心を深めるとともに、防災措置を充実強化し危険区域の安全を確認する急傾斜地パトロールや、土砂災害に関する防災知識の普及、警戒避難体制の整備推進などの運動を強力に推進しています。新聞・テレビ等によるPR、チラシの配布、広報車等による呼び掛け等を実施しています。また小中学生を対象とした土砂災害に関する『絵画』『作文』を募集したり、国や県、静岡市が主催となり『みんなで防ごう土砂災害』を静岡市で開催し、パネル展示や模型展示などを行っています。 (平成22年度からは『ポスター』の募集はありません)

今年度の土砂災害防止月間ページはこちら(砂防課ウェブサイトより)

みんなで防ごう土砂災害のたれ幕

土砂災害防止防止に関する絵画・作文募集

国土交通省と県では、小中学生を対象にした「土砂災害防止に関する絵画・作文」の作品を、6月1日から9月15日まで募集しています。
優秀作品は国土交通大臣賞や静岡県知事賞などの賞に表彰されます。

H26表彰式集合 

平成26年度の受賞者 (県庁での表彰式平成27年3月26日)
H26年度受賞作品を見る (別ウィンドウが開きます。)

土砂災害防止に関する作品応募状況

小学校
応募年度 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
区分 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数
絵画 1 1 7 10 11 16 7 21 0 0 12 54 4 11 3 10 7 11
ポスター 15 33 15 33 22 35 - - - - - -

-

- - - - -
作文 4 15 1 1 8 8 1 5 1 1 1 1 1 1 2 2 2 2
中学校
応募年度 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
区分 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数 学校数 作品数
絵画 8 12 4 5 4 6 12 22 7 13 16 65 6 14 10 35 4 20
ポスター 19 47 13 19 20 65 - - - - - - - - - - - -
作文 4 9 7 14 5 10 8 45 3 3 7 13 1 3 3 8

2

4
合計 51 117 47 82 70 140 28 93 11 17 36 133 12 29 18 55 15 37

土砂災害防止に関する絵画・作文募集内容

募集期間 毎年6月1日から9月15日まで
課題 土砂災害に関する体験や土砂災害防止施設の様子について
表彰 国の表彰 受賞人数
最優秀賞 各部門1点
優秀賞 各部門15点以内
県の表彰 受賞人数
静岡県知事賞 1名
静岡県交通基盤部長賞 1名
全国治水砂防協会静岡支部長賞 数名

応募された方には参加賞もあります!奮ってご応募ください!

今年度の作品募集ページはこちら(静岡県砂防課ウェブサイトより)

今年度の募集は終了しました。来年度も募集を予定しておりますので奮ってご応募ください!

お問い合わせ:静岡県砂防課電話054-221-3044

〒420-8601静岡市葵区追手町9番6号

がけ崩れ防災週間

毎年6月第1週を『がけ崩れ防災週間』として、急傾斜地崩壊危険区域内の斜面・水路の構造物並びに周囲の状況を把握することにより、崩壊防止施設の維持管理、警戒避難体制等の適切な措置を講じ、人命の安全確保に資する目的で関係市町職員、消防、警察、砂防ボランティアの協力を得て、急傾斜地パトロールを実施しています。

急傾斜地パトロールの様子

急傾斜地パトロールの様子(1) 急傾斜地パトロールの様子(2)
急傾斜地パトロールの様子(3) 急傾斜地パトロールの様子(4)

みんなで防ごう土砂災害

例年、土砂災害防止月間である6月の土曜日に県内の国土交通省の砂防関係事務所、静岡県、静岡市が主催して、静岡市の「青葉シンボルロード」を会場に、『みんなで防ごう土砂災害』を開催しています。会場では、砂防関係のパネル展示、模型展示等により、県内の砂防関係事業、土砂災害防止月間等のPRを行っています。

みんなで防ごう土砂災害2015の様子

平成27年6月27日(土曜日)に、「みんなで防ごう土砂災害」が開催されました。会場では、パネルの展示、ちらしの配布、キャンペーン用品の配布、土砂災害の映像を放映しながら、来場者へ土砂災害防止を呼びかけました。

 
青葉フェスブース前
静岡県ブースの様子
 
青葉フェスふじっぴー
会場にはふじっぴーも登場!
 
青葉フェス取材
テレビ取材を受けました!
 
雪崩題名

 例年、国土交通省と都道府県は県民の理解と関心を深め、雪崩災害による被害の防止に資することを目的とし、12月1日から7日までを雪崩防災週間とし、雪崩防止に関する広報活動に取り組んでいます。全国に雪崩危険箇所は20,000箇所以上、静岡県内には59箇所(静岡葵区の旧井川村に26箇所、浜松市天竜区の旧水窪町に33箇所)あります。積雪山間部の住民にとって雪崩は大きな脅威です。このような状況をかんがみ、平成15年から雪崩対策事業の一つとして、雪崩防災週間が実施されています。

今年度の雪崩防災週間(静岡県砂防課ウェブサイトより)

雪崩危険箇所とは

雪崩危険箇所は豪雪地帯特別措置法により指定された「豪雪地帯」(昭和37年指定、静岡市葵区の旧井川村、浜松市天竜区の旧水窪町)で、雪崩の被害想定区域内(斜面勾配が15°以上かつ高さ10m以上を有する斜面で、斜面勾配が15°未満となる地点から見通したときに18°以上の角度を有する範囲)に、人家5戸以上(5戸未満であっても官公署、学校、病院、要配慮者利用施設施設、駅、旅館等のある場合を含む)ある箇所であり、全国に20,501箇所もあります。

雪崩危険箇所 

 
その他の情報トップページに戻ります
土砂災害情報マップ
土砂災害(特別)警戒区域指定状況
サイポスレーダー
静岡県建設部ホームページ

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3044

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?