• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 交通基盤部/河川砂防局砂防課/土砂災害とは/トップページ > 交通基盤部河川砂防局砂防課/土砂災害とは/土砂災害から身を守るには

ここから本文です。

更新日:平成26年5月30日

  本文へジャンプ

交通基盤部 河川砂防局 砂防課

 
土砂災害から身を守るには
関連ページメニューへジャンプ

土砂災害から身を守るには

土砂災害から身を守るにはまず、日頃から土砂災害に関する防災知識を理解しておくことが大切です。「土砂災害がどこで、どのように起こるか」を理解し、非常時に備えましょう。 また、自分の暮らす家が土砂災害危険箇所に該当するかあらかじめ調べておき、少しでもいつもと違う様子を感じたら、すぐに安全な場所に避難しましょう。

危険な箇所を調べておこう

土砂災害危険箇所は砂防ホームページの静岡県の土砂災害情報マップや土砂災害危険区域図(ハザードマップ)で確認しておきましょう。また、現地に土砂災害危険箇所標示板を設置して注意を呼びかけている場所もあります。

土砂災害情報マップ
インターネットで危険箇所を
確認することができます
土砂災害危険箇所標示板(土石流)
土砂災害危険箇所標示板(土石流)
標示板を見た人がイメージできるようにイラストを付け、外国人にも分かるよう5ヶ国語で標示しています
土砂災害危険箇所標示板の設置状況
土砂災害危険箇所標示板の設置状況
(例)富士市の土砂災害危険区域図(ハザードマッップ
(例)富士市の土砂災害危険区域図(ハザードマッップ2
(例)富士市の土砂災害危険区域図(ハザードマップ)

避難の道順を決めておく

避難場所や避難の道順などを、日頃から調べておきましょう。

避難の道順を決めておく

雨に注意

土砂災害の多くは雨が原因で起こります。1時簡に20ミリ以上、または降り始めから100ミリ以上の降雨量になったら、十分な注意が必要です。 雨の強さと降り方

雨に注意

情報に気を配る

テレビやラジオ等の気象情報に気を配り、近所の方々などとも連絡をとりあいましょう。避難する準備も忘れずに。

情報に気を配る

避難の準備

日頃から非常時の持ち出し袋を用意しておきましょう。携帯電話があれば持っていきましょう。

非常時の持ち出し袋
 
土砂災害とはトップページに戻ります
土石流 地すべり がけ崩れ 土砂災害の前兆現象
土砂災害情報マップ
土砂災害(特別)警戒区域指定状況
サイポスレーダー
静岡県建設部ホームページ

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3042

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?