• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 交通基盤部/河川砂防局砂防課/土砂災害対策とは/トップページ > 交通基盤部河川砂防局砂防課/土砂災害対策とは/ハード対策/急傾斜地崩壊対策事業

ここから本文です。

更新日:平成27年1月13日

 本文へジャンプ

交通基盤部河川砂防局砂防課

 
急傾斜地崩壊対策事業
関連ページメニューへジャンプ

急傾斜地崩壊対策事業とは

がけ崩れから人家、道路等を守るため、急傾斜地崩壊危険区域として指定された区域において、擁壁工や法面工等の崩壊防止工事を実施する事業のことです。

急傾斜地崩壊危険区域とは

急傾斜地崩壊危険区域とは

急傾斜地崩壊危険区域は、「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」(昭和44年7月1日施行)に基づき、県知事ががけ崩れ災害から人命と国土の保全のため、以下の条件を満たす箇所で必要な対策を講じる所において指定をします。

【条件】

  • 急傾斜地(斜面の勾配が30度以上)でがけ高5m以上の崩壊する恐れがある。
  • 保全対象人家戸数が5戸以上または5戸未満であっても官公署、学校、病院、旅館等のある地区


急傾斜地崩壊危険区域内における行為の制限とは

急傾斜地崩壊危険区域内で次の行為を行う場合は静岡県知事の許可が必要です。

  1. 水を放流し、又は停滞させる行為や水の浸透を助長する行為
  2. ため池、用水路等の急傾斜地崩壊防止施設以外の施設又は工作物の設置や改造
  3. 法切、切土、掘削又は盛土
  4. 土石の採取又は集積
  5. 立木竹の伐採
  6. 木竹の滑下又は地引きによる搬出
  7. その他、急傾斜地の崩壊を助長し、又は誘発するおそれのある行為

詳細や許可の申請等については、最寄りの土木事務所管理担当課へお問合せください。

主な急傾斜地崩壊防止施設

がけ崩れの発生、被害を防止する施設として、擁壁工、法面工、落石防止柵工などがあり、現地の状況に適した施設の配置を行ないます。
※「斜面の所有者、管理者、占有者又は被害を受ける恐れがある者ががけ崩れ対策工事を行なうことが困難な箇所等」で対策工事は行われます。

【擁壁工】

斜面の下にコンクリートで擁壁をつくり、斜面下部の崩壊を直接抑えるほか、上部からの崩壊土砂を人家手前で食い止めます。

擁壁工
擁壁工天王山(川根町家山)
天王山(川根町家山)

【法面工(法枠工)】

斜面にコンクリートを使用して枠を組み、その枠内を植生等で被覆して、斜面の風化・浸食を防ぎます。また、アンカー等との併用により崩壊を直接抑える効果を持たせることや、枠の配置を調整して斜面内の現存樹木を残すことも可能です。

法面工(法枠工)
法面工上島白華寺(浜松市上島)
上島白華寺(浜松市上島)

【落石防止柵工】

斜面の下の擁壁等の天端に支柱と金網で柵をつくり、崩れた土砂や落石を人家手前で食い止めます。

急傾斜地崩壊防止施設の効果

急傾斜地崩壊防止施設の効果がけ崩れ発生
志戸急傾斜地(下田市河内)平成3年9月10日の局地的豪雨でがけ崩れ発生
急傾斜地崩壊防止施設の効果対策工事完成
対策工事完成
急傾斜地崩壊防止施設の効果落石防止柵
丸子井尻(静岡市丸子)
平成15年7月4日の集中豪雨でがけ崩れ発生、崩壊土砂が落石防止柵でとめた
 
土砂災害対策とはトップページに戻ります
土砂災害情報マップ
土砂災害(特別)警戒区域指定状況
土砂災害110番
サイポスレーダー
静岡県建設部ホームページ

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3042

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?