• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 交通基盤部/河川砂防局砂防課/土砂災害対策とは/トップページ > 交通基盤部河川砂防局砂防課/土砂災害対策とは/協働の取組み/地域一帯となって防ぐ土砂災害

ここから本文です。

更新日:平成27年3月25日

  本文へジャンプ

交通基盤部 河川砂防局 砂防課

 
地域一体となって防ぐ土砂災害
関連ページメニューへジャンプ

地域一体となって防ぐ土砂災害

土砂災害を未然に防ぐには、日頃から土砂災害について理解し、災害時に適切な行動が不可欠です。また、日頃から地域住民同士の連携も災害時には、非常に重要になってきます。

土砂災害に対する防災訓練の実施

静岡県は、県土の約七割を山地・丘陵地が占め、地質的にも脆弱であることから、梅雨期の集中豪雨や台風に伴う豪雨等により、急傾斜地の崩壊や土石流、地すべりを原因とする土砂災害が各地で発生しています。特に近年は、集中豪雨等の増加による土砂災害が頻発しており、平成17年から平成21年の過去5年間で約36件、平成22年から平成26年までの過去5年間で約59件と土砂災害の年平均発生件数は、増加傾向であります。
そのため、住民の実動避難に主眼をおいた防災訓練を実施し、住民の土砂災害に対する理解の促進、防災知識の普及・啓発、警戒避難体制の強化、災害時要援護者の支援体制の確認などをすることにより、住民の「自助・共助」意識の高揚を図ります。

平成26年の防災訓練実施状況

 全国統一実施日である6月1日(日曜日)、県下一斉に「土砂災害に対する防災訓練」を実施しました。静岡県では、統一実施日に21市町で地元地域住民や行政機関など約2,900人が参加し、情報伝達訓練や避難勧告に伴う避難所への参集訓練、防災講習会などを実施しました。また、6月1日以外の日には、12市町で約500人の参加により訓練を実施しました。

訓練参加市町

浜松市、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、御前崎市、菊川市、伊豆の国市、牧之原市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、函南町、清水町、長泉町、小山町、吉田町、川根本町、森町 計33市町

訓練の状況

災害対策本部設置訓練

災害対策本部設置訓練
焼津市浜当目地区

避難所参集訓練

避難所参集訓練
井市山田川地区

要配慮者避難支援訓練

要配慮者避難支援訓練
藤枝市玉取地区

ハザードマップ作成訓練

ハザードマップ作成訓練
松市西区入野地区

危険箇所点検訓練

危険箇所点検訓練
三島市大場赤玉地区

防災講習会

防災講習会
西伊豆町大田子地区

土砂災害防止講習会の実施

自主防災組織のリーダーや地域住民等を対象に、市町と連携して『土砂災害防止講習会』を開催し、土砂災害に関する防災知識の普及活動を行っています。また、小中学生を対象とした『出前講座』も行っています。

《講習の内容》

  • 土砂災害(土石流・地すべり・がけ崩れ)とは
  • 土砂災害対策とは
  • 土砂災害防止法とは
  • 土砂災害警戒情報とは
  • 土砂災害の前兆現象とは等

《土砂災害防止講習会の様子》

自主防災組織のリーダーを対象とした講習会(三島市)
自主防災組織のリーダーを対象とした講習会
(三島市)
地域住民を対象とした講習会(静岡市)
地域住民を対象とした講習会(静岡市)
 
土砂災害対策とはトップページに戻ります
土砂災害情報マップ
土砂災害(特別)警戒区域指定状況
サイポスレーダー
静岡県建設部ホームページ

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3042

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?