• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部/港湾局 > 沼津港において、観光バスの受入態勢を強化する実証実験を行いました

ここから本文です。

更新日:平成29年12月11日

沼津港において、観光バスの受入態勢を強化する実証実験を行いました

平成29年11月26日、静岡県沼津土木事務所は、沼津市やNPO法人沼津観光協会等と連携し、沼津港の観光バス受入態勢を強化することを目的とした観光バス運用の実証実験を行いました。

当日は、想定を大きく上回る43台のバス利用がありましたが、大きな混乱もなく効率的にバスを受け入れることができ、バスの乗降場と待機場を分離する新たな観光客輸送方法の有効性が確認できました。

実験結果の概要については、添付の資料「沼津港で実施した観光バス運用の実証実験について」を御確認ください。

沼津港で実施した観光バス運用の実証実験について(PDF:1,250KB)

⇒実施のお知らせについては、以下を御参照ください。

「沼津港において、観光バスの受入態勢を強化する実証実験を行います」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部港湾局港湾企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3778

ファックス番号:054-221-2389

メール:kouwan_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?