• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 土地・都市計画 > 都市計画課 > 静岡県都市計画区域マスタープラン策定方針

ここから本文です。

更新日:平成28年11月9日

静岡県都市計画区域マスタープラン策定方針

県では、長期的視点に立った都市の将来像を明らかにするため、都市計画法に基づき「都市計画区域マスタープラン」を策定しています。

本県における今後の都市づくりの方向性や、都市計画区域マスタープランを策定するための具体的な進め方を示すことを目的に「静岡県都市計画区域マスタープラン策定方針」を策定しました。

概要

都市計画区域マスタープランは、おおむね5年毎に見直しを行い、次回の見直しは平成27年を予定しています。しかしながら、近年の人口減少・少子高齢化等に代表される社会経済情勢の変化が急速かつ顕著に現れていることから、これら変化への対応を都市計画区域マスタープランに的確に反映していく必要があります。そこで、本県における今後の都市づくりの方向性を示すとともに、都市計画区域マスタープランを策定するための具体的な進め方を取りまとめています。

構成

第1編静岡県の都市づくりの基本的な考え方

  • 静岡県の特徴と都市の現状(地形・気候、人口・産業等の状況、都市の形成状況等)、社会経済情勢の変化(市街地の拡散、人口減少・少子高齢化、都市財政の圧迫、地球温暖化等)、東日本大震災の発生により明らかになった都市づくり上の課題
  • 静岡県の都市づくりを考える上で把握すべき上位関連計画、主要プロジェクト、県民の都市づくり意向、都市政策の方向性
  • 静岡県の都市を取り巻く状況及び目指すべき方向を踏まえた、都市づくりの課題、基本理念及び目標
  • 都市づくりの目標を踏まえ、静岡県が目指す集約型都市構造
  • 静岡県の将来都市像の実現に向けた都市づくりの戦略

第2編都市計画制度の運用・活用指針

  • 都市計画の種類ごとの現在の指定状況、変遷
  • 県が主体的に関わる都市計画等について、将来都市像の実現に向けてあるべき運用方針
  • 市町が主体的に関わる都市計画等について、将来都市像の実現に向けて参考となる望ましい都市計画制度等の活用の考え方

第3編都市基本計画・都市計画区域マスタープラン策定マニュアル

  • 都市計画区域マスタープランの市町マスタープランとの関係、都市基本計画との関係、役割、見直しの考え方
  • 都市基本計画の構成内容及び手順、計画・調査項目
  • 都市基本計画策定マニュアル
  • 都市計画区域マスタープラン策定マニュアル

ポイント

  • 人口増加から人口減少時代への変化等に対応するため、これまでの「拡散型」から「集約型」の都市づくりに転換
  • 静岡県が目指す集約型都市構造を明示
  • 目標を実現するための分野を超えた10の戦略を提示
  • 客観的なデータやその分析・評価を行い、定期的な見直しを続ける「都市計画のマネジメント・サイクル」の取組を新たに導入
  • 県と市町の役割分担を明確化
  • 有識者(検討委員会)、インターネットモニターアンケート、パブリックコメント等を行い、地域の意見を反映
  • 本方針に基づき、県内に20ある都市計画区域マスタープランの見直しを平成27年度に予定

資料

本編

概要版

 

都市計画課のトップページに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部都市局都市計画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3187

ファックス番号:054-221-3640

メール:toshikeikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?