• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 土地・都市計画 > 都市計画課 > 第2回岳南都市圏パーソントリップ調査

ここから本文です。

更新日:平成31年4月10日

第2回岳南都市圏パーソントリップ調査

 

パーソントリップ調査とは


公表資料


その他


 

パーソントリップ調査とは

調査の概要

「パーソントリップ」とは、人(P : パーソン)の動き(T : トリップ)を意味します。
「パーソントリップ調査(PT調査)」とは、どのような人が、いつ、どこからどこへ、何の目的で、どのような交通手段で動いたかについて調査し、平日1日の全ての動きをとらえる交通実態調査です。

パーソントリップ調査とは-調査の概要

調査の目的

交通実態調査の結果をもとに、現在の交通行動の把握・分析や将来の交通需要の予測を行い、地域の将来の望ましい都市交通のあり方を検討します。

岳南都市圏では、平成16年度に「第1回岳南都市圏パーソントリップ調査」を実施し、都市圏の⼈の動きの実態を踏まえた都市交通マスタープランを策定しました。それから10年以上が経過し、この間、富⼠市と富⼠川町、富⼠宮市と芝川町の合併、新東名⾼速道路の開通、⻄富⼠道路の無料化、富⼠⼭の世界遺産登録に伴う観光客の増加など、交通を取り巻く環境に変化が生じています。
加えて、人口減少や少子高齢社会が本格的に到来し、本都市圏においても全国的に取組が進められている「コンパクト+ネットワーク」の推進が求められています。更には自動運転技術をはじめとしたICT技術が急激に発展し、本都市圏の交通施策へ活用することも現実的となってきています。
このような社会情勢変化に対応した新たな都市交通マスタープランを策定することを目的に、2015年度より第2回パーソントリップ調査を実施しました。

調査の実施方法

調査対象
調査対象地域は、岳南都市圏(富士市・富士宮市)の2市です。

調査時期
2015年12月~2016年2月

対象者
岳南都市圏にお住まいの約16万世帯(5歳以上の方、約38万人)を対象としました。

調査方法
対象者の中から、住民基本台帳より無作為に抽出された約7万世帯(約19万2千人)のご家庭に対して調査票を郵送し、返送またはインターネットで回答する方法で実施しました。

回収結果
約1.5万世帯(約3.5万人)から回答を得ました。
世帯回収率 約21%(個人回収率 約19%)

調査の実施方法



調査の流れ

2015年度よりスタートし、2018年度までの4か年で、将来の総合的な都市交通計画を策定しました。
調査の流れ



調査結果の活用事例

調査結果は、岳南都市圏のこれからの交通計画のために使用されるほか、地域の環境対策や防災計画など、住みやすいまちづくりを進めるうえでの重要な情報です。これまで、以下のような施策の検討・調査のために使用されました。

これまでの主な活用事例

調査結果の活用事例

 

     

お問い合わせ

交通基盤部都市局都市計画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3187

ファックス番号:054-221-3640

メール:toshikeikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?