• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 土地・都市計画 > 景観まちづくり課 > 屋外広告物について > 屋外広告物の安全管理

ここから本文です。

更新日:令和3年4月20日

屋外広告物の安全管理

 

設置者、管理者の皆様へ

設置した広告物が強風等により落下、倒壊すると大きさに関わらず甚大な被害を引き起こし、設置者、管理者の法的責任が問われる場合があります。
条例を遵守し、内部点検などの実効性のある安全点検を行うとともに、日頃も安全管理に十分注意していただき、適正に設置、管理していただきますようお願いいたします。

 

 設置者、管理者の管理義務

広告物の設置者、管理者は、補修その他必要な管理を怠らないようにし、良好な状態に保持する義務があります。
更新時の安全点検に限らず、日常的にも自己点検を行い、早期発見・早期対応を心がけましょう。

(参考資料)

チラシ「広告物の落下事故はあなたの会社やお店の信用も落とします!」(PDF:696KB)

オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック(PDF:3,898KB)

 堅ろうな広告物における管理者の設置義務

高さが4mを超える広告物など、建築基準法上の工作物確認を要する広告物を設置する場合は、設置者は管理者を設置する義務があります。
管理者は次のいずれかに該当しなければなりません。

 除却義務

設置者は、設置許可の有効期間が満了したとき、許可が取り消されたとき又は広告物の設置が必要でなくなったときは、除却する義務があります。

 更新時の安全点検

屋外広告物の設置には、原則として、条例に基づく設置許可を受ける必要があります。
設置許可の有効期間(通常2年間)以降も引き続き、設置を継続したい場合、更新許可が必要です。
更新申請の前3か月以内に安全点検を受け、申請時には点検報告書を提出する必要があります。

(屋外広告物の安全点検に関する指針(案))

国土交通省では、平成29年に屋外広告物の点検の実効性を高めるため、許可更新の際の安全点検報告書における点検箇所や点検項目等をとりまとめました。
17項目に細分化した点検項目について、それぞれ写真付きで解説しています。

 

(堅ろうな広告物の安全点検)※令和2年度制度改正

設置許可の有効期間の更新に際しては、すべての広告物は安全点検を行う必要があります。
このうち堅ろうな広告物の場合、点検者は次のいずれかに該当しなければなりません。

詳しくは添付ファイルを御覧ください。

 

(屋外広告業関係団体の取組~点検基準等の策定)

(一社)日本屋外広告業団体連合会、(公社)日本サイン協会(旧名称(公社)全日本ネオン協会)、(一社)サインの森の3団体が共同で、業界の自主的な基準を策定、公表しました。
屋外広告物の点検等の参考としてください。

詳しくは、(一社)日本屋外広告業団体連合会のホームページ(外部サイトへリンク)を御覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部都市局景観まちづくり課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3702

ファックス番号:054-221-3493

メール:keikan-machi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?