• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 土地・都市計画 > 景観まちづくり課 > 屋外広告物について > 屋外広告業の登録について

ここから本文です。

更新日:平成28年9月5日

 屋外広告業の登録について

屋外広告業の登録制度

屋外広告業登録簿

屋外広告物講習会

屋外広告業の指導監督措置基準(PDF:114KB)事務処理要領(PDF:264KB)

 屋外広告業の登録制度

登録制度の概要

静岡県内で屋外広告業を営もうとする場合は、屋外広告業の登録を受けることが必要です(県内に営業所があるか否かを問いません)。また、登録申請の際には、一定の要件を満たした業務主任者を選任し、県内で営業を行う営業所ごとに設置することが必要です。なお、すでに他都道府県で登録をしている場合でも、静岡県内で屋外広告業を営む場合には静岡県知事の登録を受けなければなりません。

なお、県と同時に静岡市、浜松市の区域内で屋外広告業を営もうとする方は、原則として各市長に登録を受けなければなりません。但し、特例として、知事の登録を受けた屋外広告業者の方が、知事の登録業者であること等を所定の様式により各市長に届け出ることにより、各市長の登録業者とみなされ、各市の区域内で屋外広告業を営むことができます。

  • 「屋外広告物」とは、常時または一定の期間継続して屋外で公衆に表示されるものであって、看板、立看板、はり紙およびはり札ならびに広告塔、広告板、建物その他の工作物等に掲出され、または表示されたものならびにこれらに類するものをいいます。
  • 「屋外広告業」とは、屋外広告物の表示または広告物を掲出する物件の設置を行う営業を指します。つまり、広告主から屋外広告物の表示または屋外広告物を掲出する物件の設置を請け負い、屋外で公衆に表示することを業として行う営業のことです。この場合、元請けまたは下請けといった立場の形態の如何は問いません。
  • 屋外広告物の表示又は掲出物件の設置に関する工事を業として請け負わないような広告代理業等や単に屋外広告物の印刷、製作等を行うだけで、現実に屋外広告物を表示したり、掲出物件の設置を行わない方は、屋外広告業には該当しないため知事の登録を受ける必要はありません。
  • 屋外広告業登録の手引きをまとめましたので、登録や申請の際に御活用ください(屋外広告業登録の手引き(PDF:1,469KB))。

△ページのトップに戻る

新規・更新登録の申請手続き

詳しくは「新規・更新登録の申請手続き」のページをご覧ください

△ページのトップに戻る

登録後の義務

詳しく「登録後の義務」のページをご覧ください

△ページのトップに戻る

 

登録事項の変更

詳しくは「登録事項の変更」のページをご覧ください

△ページのトップに戻る

 廃業等の届出

屋外広告業を廃止したときは、廃止の日から30日以内に廃業等の届出を行う必要があります。(条例第22条の7)

廃業等の届出の必要部数は各2部です。届出の受領後に、1部に収受印を押した上で返送いたします。

【必要書類】
屋外広告業廃業届[様式ダウンロード]
イ屋外広告業登録証

【提出先】
屋外広告業登録を行った土木事務所に持参又は郵送してください。
※登録を行った土木事務所は、屋外広告業者登録簿から確認できます。

△ページのトップに戻る

登録の取消

屋外広告業者の方が次のいずれかの事由に該当する場合には、登録の取消や6月以内の営業停止を命じることがあります。処分内容は屋外広告業者監督処分簿に登載され、一般の閲覧に供されます。(条例第25条の2)

ア不正の手段により登録を受けたとき。
イ登録拒否の要件に該当することとなったとき。
ウ変更の届出をせず、又は虚偽の届出をしたとき。
エ法に基づく条例又はこれに基づく処分に違反したとき。

△ページのトップに戻る

立入検査

知事は、県内で屋外広告業を営む者に対して、必要な報告を求めたり、立入検査を行うことができます。(条例第25条の4)

△ページのトップに戻る

罰則

屋外広告業の登録に関し、条例に違反した場合、罰則が科せられます。(条例第32条、第33条、第34条、第35条及び第37条)

 

違反行為

罰則の内容

登録を受けないで屋外広告業を営んだ者

1年以上の懲役又は50万円以下の罰金

不正の手段により登録を受けた者

営業停止の命令に違反して屋外広告業を営んだ者

登録事項の変更の届出をせず、又は虚偽の届出をした者

30万円以下の罰金

業務主任者を選任しなかった者

県が求めた報告や立ち入り検査を拒んだり、妨げる等の行為を行った者

20万円以下の罰金

廃業の届出を怠った者

5万円以下の過料

標識を掲示しなかった者

帳簿を備えなかったり、虚偽の記載をしたり、保存しなかった者

△ページのトップに戻る

 屋外広告業の登録簿

県知事の登録を受けている屋外広告業者の一覧を掲載しています。
※看板等の掲出を発注される広告主の方は、発注先が静岡県の登録業者リストに掲載されていることを確認してください。

静岡県屋外広告業者登録簿一覧表(平成28年8月末現在)(PDF:411KB)

静岡県屋外広告業登録簿個票(平成28年8末現在)(PDF:3,495KB)

△ページのトップに戻る

 屋外広告物講習会

県内で営業を営む屋外広告業者は、営業所ごとに業務主任者を置かなければなりません。各都道府県、政令指定都市、中核市が行う屋外広告物講習会の修了者は、業務主任者となることができます。
静岡県内では、屋外広告物講習会を年3回(6月:浜松市、11月:静岡県、1月:静岡市)開催しています。

 

平成28年度静岡県屋外広告物講習会●

開催日:平成28年11月15日(火曜日)

場:静岡県産業経済会館(静岡市葵区追手町44-1)

申込方法:受講申込書(PDF:84KB)に必要事項を記入し、県土木事務所に持参又は郵送

申込期間:平成27年10月3日(月曜日)から10月14日(金曜日)郵送の場合は14日必着

詳細は、こちらを(PDF:120KB)御確認ください。

 

また、各都道府県、政令市、中核市の屋外広告物講習会情報は、こちら((一社)日本屋外広告業団体連合会)(外部サイトへリンク)からご覧いただけます。

 

講習会を修了された方には修了証書が交付されます。なお、修了証書の記載事項に変更が生じたときは、屋外広告物講習会修了証書記載事項変更届(修了証書、変更を証する書面の写し=住民票など=を添付)を、講習会修了者の住所を管轄する土木事務所に提出してください。

また、講習会修了証書は、紛失した場合などに再交付を申請できます。再交付申請書を、講習会修了者の住所を管轄する土木事務所に提出してください。その際に氏名、住所が変わっている場合は、前記の記載事項変更届と添付書類を併せて提出してください。

 

△ページのトップに戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部都市局景観まちづくり課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3490

ファックス番号:054-221-3493

メール:keikan-machi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?