• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 土地・都市計画 > 景観まちづくり課 > 屋外広告物について > 静岡県の屋外広告物制度 > 屋外広告物の許可手続

ここから本文です。

更新日:平成29年6月29日

屋外広告物の許可手続、許可基準

目次

 屋外広告物の設置に許可が必要となる場合

以下の場合には、屋外広告物を設置するのに知事の許可が必要です。

  • 普通規制地域に設置する場合
  • 特別規制地域に基準(PDF:47KB)を超えた自家広告物を設置する場合
  • 特別規制地域に基準(PDF:52KB)を超えた電車・乗合自動車に表示する広告物を設置する場合
  • 特別規制地域に、案内図板等を設置する場合

ただし、適用除外の基準に該当するものは、許可不要です。

 許可基準

許可を受けるには、設置しようとする広告物が規則で定める共通基準(PDF:47KB)に適合し、さらにその種類ごと、規制地域ごとに広告物の構造や面積等が規則で定める以下の個別基準にそれぞれ適合したものでなければなりません。

なお、案内図板の設置許可基準の詳細についてはこちらを御覧ください。

また、韮山反射炉周辺広告整備地区における設置許可基準はこちらを御覧ください。

 許可の期間

許可を受けた時点では、良好な景観の形成又は風致の維持、公衆に対する危害の防止の観点から支障のない広告物であっても、時間の経過による広告物の老朽化や周辺環境の変化により、問題が生じる可能性があります。

そこで、広告物の許可には以下のとおり期間が定められています。

  • はり紙、はり札、広告旗、立看板:30日以内
  • 堅ろうな広告物:3年以内
  • その他の広告物:2年以内

なお、許可の期間には工事期間も含まれますので、許可開始日までは工事に着工できません。

 新規許可申請

新たに広告物を設置したい場合は、下表の書類2部(正本1部、副本1部)と申請手数料申請窓口に御提出ください。

許可申請に必要な書類

書類

内容・留意事項

屋外広告物許可申請書(ワード:23KB)
(規則様式第1号の4)

案内図

  • 住宅地図等
  • 〈案内図板の場合〉案内図板の設置場所、案内する事業所等の場所がわかるもの
  • 〈案内図板の場合〉設置場所から案内先への経路・距離、案内図を表示する方向を記入してください

仕様書・設計図

  • 高さ・面積・構造のわかるもの

色彩・意匠を表す図面

  • 仕様書・設計図と兼ねても可
  • 〈案内図板の場合〉案内表示部分及び写真・絵の部分を図示し、それぞれの面積と計算式を記入してください
  • 〈案内図板の場合〉地の色彩をマンセル値で記入してください

設置場所周辺の状況を示すカラー写真

  • 〈案内図板の場合〉隣接する看板との相互間距離が確保されていることがわかるもの(隣接して看板がある場合、相互間距離を記入してください)

使用承諾書

  • 設置場所が他人の所有又は管理地である場合に必要です
  • 写しでも可

堅ろうな広告物の管理者設置届(ワード:24KB)

  • 堅ろうな広告物の場合に必要です

 

 堅ろうな広告物の管理者

許可の対象となる屋外広告物が、堅ろうな広告物等(鉄骨造りや石造り、その他耐久性能を有する構造のもので、高さが4メートルを超える広告塔、広告板など)であるときは、屋外広告物が破損したり倒壊して、一般市民に危害を及ぼすことがないよう、管理者の設置が義務づけられています。管理者は次の方でなければなりません。

  1. 屋外広告士
  2. 屋外広告業の登録を受けている方(屋外広告業者)
  3. 屋外広告物講習会修了者等

なお、堅ろうな広告物を設置するには、屋外広告物の許可とは別に、建築基準法の規定による工作物確認が必要となりますので、ご注意ください。

 許可の更新

許可を受けた広告物の許可期間を更新したい場合は、許可期間が満了する前に許可期間更新申請の手続が必要です。許可期間が満了した後で申請されたものは、更新の許可をすることができませんので、十分御注意ください。

更新申請に必要な書類

下表の書類2部(正本1部、副本1部)と申請手数料申請窓口に御提出ください。

書類

内容・留意事項

屋外広告物許可期間更新申請書(ワード:22KB)(規則様式第2号)

広告物のカラー写真

  • 申請前1か月以内に撮影したもの
  • 申請広告物が全て写っているもの

屋外広告物点検報告書(ワード:25KB)
(規則様式第2号の2)

使用承諾書

  • 設置場所が他人の所有又は管理地である場合に必要です
  • 写しでも可

 

 許可の変更

許可を受けた広告物を変更、改造したい場合は、変更許可申請が必要です。変更許可を受けるまでは、変更、改造に着手できません。

なお、「軽微な変更」に該当する場合、変更許可申請は不要です。詳細は、申請窓口にお問い合わせください。

変更申請に必要な書類

下表の書類2部(正本1部、副本1部)と申請手数料申請窓口に御提出ください。

書類

内容・留意事項

屋外広告物変更改造許可申請書(ワード:23KB)(規則様式第3号)

案内図

  • 住宅地図等
  • 〈案内図板の場合〉案内図板の設置場所、案内する事業所等の場所がわかるもの
  • 〈案内図板の場合〉設置場所から案内先への経路・距離、案内図を表示する方向を記入してください

仕様書・設計図

  • 高さ・面積・構造のわかるもの
  • 変更前後を比較できるもの

色彩・意匠を表す図面

  • 仕様書・設計図と兼ねても可
  • 変更前後を比較できるもの
  • 〈案内図板の場合〉案内表示部分及び写真・絵の部分を図示し、それぞれの面積と計算式を記入してください
  • 〈案内図板の場合〉地の色彩をマンセル値で記入してください

現状(変更前)の広告物のカラー写真

  • 〈案内図板の場合〉隣接する看板との相互間距離が確保されていることがわかるもの(隣接して看板がある場合、相互間距離を記入してください)

使用承諾書

  • 設置場所が他人の所有又は管理地である場合に必要です
  • 写しでも可

 

許可期間の更新とあわせて変更したい場合は、許可期間更新申請書に変更申請の必要書類も添付して更新許可を受けることにより、変更許可申請に代えることができます。

 申請手数料

知事の許可(各町の地域)を受けようとするときは、申請手数料を県収入証紙で納めていただきます。必要金額分の県収入証紙を御購入いただき、申請書に貼付してください。県収入証紙の売場はこちらを御覧ください。

手数料の額は、許可を受けようとする期間が2年の場合は次の表のとおりです。

注)各市の地域で許可が必要な場合は、各市長の許可を受けていただくことになりますが、その際の手数料の額や納入方法については各市役所担当課にお問い合わせください。

種別 内容 単位 金額
第1種 広告塔、広告板その他これらに類するもの(第3種のものを除く。) 表示面積5平方メートルまでごとに 1,330円
第2種 はり札類、広告旗又は立看板類(第3種のものを除く。) 1枚、1本又は1個につき 130円
第3種 照明装置のあるもの 表示面積5平方メートルまでごとに 1,590円
第4種 はり紙(第3種のものを除く。) 100枚までごとに 390円
第5種 看板その他これに類するもの
(第3種のものを除く。)
巻き付けて取り付けられる広告物 1組につき 260円
上記以外のもの 1個につき
  • 許可の期間が2年を超えるときは、手数料の額はこの表に掲げる額に1.5を乗じた額です。
  • 変更の許可申請手数料は、この表に掲げる額に0.5を乗じた額です。

 

 申請から許可までの流れ

申請書受付後、審査を行います。万が一、書類に不備等がある場合、書類の修正や追加説明を依頼しますので、定められた期間内での御対応をお願いします。なお、原則として1か月以内に修正されない場合は、申請を取り下げたものとみなし、申請書を返却します。

書類に不備等がない場合、書類受付から許可がおりるまでの日数の目安は、25日です。

許可がおりると、屋外広告物許可証(ステッカー)が交付されますので、広告物の目に付く位置に貼ってください。(ステッカー貼付場所の例:野立ての場合は道路から見える面。自家広告物の場合は敷地又は建物入り口付近に設置された主な広告物の通路等から見える面。)

 その他、必要な手続

下表の場合には、手続が必要です。申請窓口に必要書類を2部(正本1部、副本1部)御提出ください。

 

必要書類

堅ろうな広告物等の管理者を変更したとき。

屋外広告物の設置者を変更したとき。

屋外広告物の設置者、堅ろうな広告物の管理者の氏名、住所、名称が変更されたとき。

屋外広告物が滅失したとき。

屋外広告物を除却したとき
(除却とは、掲出物件も含めた撤去のこと。)。

屋外広告物の広告表示のみを撤去し、掲出物件を一時的に存置したいとき。

(参考)書類を提出される皆様へ

申請書等の作成(有償)に関する問合せ先  静岡県行政書士会 電話:054-254-3003

<ご注意>

行政書士でない方が、報酬を得て官公署に提出する書類の作成を業として行うことは、法律に別段の定めがある場合を除き、行政書士法違反となりますので、ご注意ください。

(「業とする」とは、反復継続の意思をもって書類作成を行うことと解されています。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部都市局景観まちづくり課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3490

ファックス番号:054-221-3493

メール:keikan-machi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?