• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 交通基盤部都市局 > 街路整備課トップページ

ここから本文です。

更新日:平成26年8月6日

交通基盤部都市局街路整備課

メニュー

街路とは

概念的な「街路」とは、都市の中の道路であり、市民生活や経済活動等に伴う自動車交通等を円滑に処理するだけでなく、市民が散歩を楽しんだり、祭りやイベントが開催されるなど人々が集い語り合う都市において最も基礎的な公共空間です。

また、街路の持つ空間機能としては、その他にも地下鉄や路面電車といった公共交通機関や上下水道、電力等のライフラインを収容し、災害時には避難路を提供し延焼を防ぐ防火帯の機能もあります。

さらに、街路は市街地の街区を構成し、沿道の市街化を誘導する機能を持っており、都市の基盤としてのまちづくりの方向性を決める重要な役割を担っています。

一方、「街路事業」と称する場合の「街路」とは、都市計画法第11条第1項に規定する都市施設として位置づけられている道路をいいます。

街路事業は、都市部(市街地)における都市計画道路を整備するもので、交通の混雑を解消し、交通安全を推進し、沿道利用を高めるものですが、都市の中での人と人とのふれあいの場、コミュニケーションの場をつくることにも重点を置き、快適な都市環境の創造を目指していくものです。

 

街路写真

道路空間の利用写真

駅前整備写真

 街路整備課トピック

 静岡県の実施する街路事業

静岡県では「静岡県の“みちづくり”」を平成20年度に策定し、今後の道路整備について概ね10年間の施策や事業の選択と集中の基本的方針を示す道路ビジョンと前期5年間(平成20年度~24年度)に重点的に取り組む道路重点計画を定めています。

街路整備においても「静岡県の“みちづくり”」の重点施策に基づき事業を実施しています。静岡県の実施する街路事業は、都市計画法に基づく事業実施となるため、原則は市町が県知事の認可を受けて事業を行いますが、下記の場合、静岡県が事業を実施しています(都市計画法第59条第1項)。

静岡県、県内市町において以下の事業を重点的に進めています

産業活動を支援する円滑な交通を確保し、都市内道路の渋滞緩和を図るために、都市の骨格を形成する放射環状道路の整備を推進します。

都市の生活環境の向上や交通安全のため、狭隘道路の拡幅整備を実施し、歩行者・自転車空間の確保を行います。

また、都市景観の向上、防災性の向上のために無電柱化を推進します。

踏切に起因する交通渋滞や事故の解消を図り、鉄道によって分断されていた市街地の一体化を図るため、鉄道との立体交差事業を推進します。

公共交通機関への円滑な乗り換え、鉄道による市街地分断の解消、駅周辺のバリアフリー化への対応を図るため、交通結節点(鉄道駅周辺)の整備を促進します。

 街路事業について

街路整備課の事務所掌

  • 街路整備班

街路事業に関すること

  • 鉄道高架班

鉄道高架事業(連続立体交差事業、限度額立体交差事業)に関すること

 関連リンク

 
 

お問い合わせ

交通基盤部都市局街路整備課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3069

ファックス番号:054-221-3586

メール:gairo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?