• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地局 > 農地保全課 > 一社一村しずおか運動 > 活動事例 > 美しい邑づくりパートナーシップ全国交流会

ここから本文です。

更新日:平成24年1月10日

一社一村しずおか運動

「美しい邑(むら)づくりパートナーシップ全国交流会」を開催しました!

 11月24日(木曜日)「美しい邑(むら)づくりパートナーシップ交流会」

会場の様子

 

11月24日(木曜日)、静岡市駿河区のグランシップにおいて、「美しい邑づくりパートナーシップ全国交流会」が開催され、22道府県の行政関係者、静岡県内外からの企業・農山村の代表者など約350人が参加しました。この全国交流会は、「一社一村しずおか運動」の取組の拡大を目的に行われたものです。

 

 

 

 

全国交流会では、「企業からのメッセージ」として、「NEXCO中日本」、「株式会社ノバレーゼ」、「農村からのメッセージ」として「NPO法人せんがまち棚田倶楽部」、「農事組合法人伊豆月ヶ瀬梅組合」のみなさんが「一社一村しずおか運動」の取組の様子や活動の契機などを説明しました。  

ノバレーゼ事例発表

月ヶ瀬事例発表

企業からのメッセージ
(株式会社ノバレーゼの事例発表の様子)

農村からのメッセージ
(伊豆月ヶ瀬梅組合の様子)

山梨県事例発表 

「一社一村しずおか運動」のような、企業と農山村との協働活動の取組は、静岡県が平成18年度に全国に先駆けて取組を始め、現在全国20府県に広がっています。その中で、山梨・富山・徳島の3県の担当者がそれぞれの県の活動を紹介しました。

 

右:山梨県の事例発表

 

 パク氏講演 

 

  基調講演では、「農村愛一社一村運動の取組」というタイトルで、自らも「農村愛一社一村運動」を推進している社団法人農村愛汎国民運動本部のパク・ヨンイル氏により、韓国の企業と農山村の協働活動である「農村愛一社一村運動」について紹介がされました。
 韓国の取組は2004年から始まり、静岡県の「一社一村しずおか運動」のモデルともなったものです。 

 

 

左:パク氏による基調講演

  

 この交流会に出席した川勝知事からは、「今までは農山村から都会に出て企業で働くことが、日本の発展と結びついてきた。しかし現在は、都会から美しい水、美しい緑と土がある場所へ回帰運動が始まっている。企業が農山村と連携をとろうとする動きが出てきたことは両方にとってよいことである。」と挨拶がありました。

 

  

 

 

 また、同時に開催されたパネル展において、「一社一村しずおか運動」のそれぞれの取組を紹介しました。参加者は、それぞれのパネルについて出展者に質問を行うなどをして、活発な情報交換が行われました。

 

 

お問い合わせ

交通基盤部農地局農地保全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2714

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?