• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地保全課 > 一社一村しずおか運動 > 活動事例 > 本郷ふる郷普請の会とエクノスワタナベ

ここから本文です。

更新日:平成29年9月12日

一社一村しずおか運動

活動認定No.13
株式会社エクノスワタナベ×本郷ふる郷普請の会(藤枝市)

ホタルの飛ぶふるさとづくりを進めています!

本郷ふる郷普請の会主催のホタル観賞会が開催!

平成29年6月3日土曜日に藤枝市本郷地区で活動を行っている「本郷ふる郷普請の会」主催のホタル観賞会が同地区の小田野沢ビオトープで開催されました。
小田野沢ビオトープは、本郷ふる郷普請の会と株式会社エクノスワタナベが協働で維持管理をしており、イベント当日には、同社職員と常葉大学の学生による「田んぼの生き物紹介」も実施されました。
当日は、降雨不足や強風の影響で、ホタルの生育状況が心配されていましたが19時頃になると所々で発光が確認され、ホタルを見つけた参加者から歓声が上がっていました。
同地区でのホタル観察は、6月末頃まで可能で、降雨後の生暖かく風のない曇った夜が観察に適しているようです。

290603本郷×エクノスワタナベ1
生き物紹介の様子

290603本郷×エクノスワタナベ1
小田野沢ビオトープ

本郷ふる郷普請の会がホタル観察会を開催!

藤枝市本郷で「ふじのくに美農里プロジェクト」に取組む本郷ふる郷普請の会が、平成23年6月5日(日曜日)にホタル観察会を行いました。ホタル観察会の会場は、(株)エクノスワタナベと協働で維持管理を行っている本郷地内の”小田の沢ビオトープ”で行われました。(株)エクノスワタナベとの協働活動は一社一村しずおか運動の認定を受けています。
当日は地区内外から、子供からお年寄りまで約50名の参加者があり、ビオトープ周辺に生息する生き物について、山田辰美富士常葉大学教授から説明を受けました。
ゲンジボタルは夜7時半過ぎからちらほらと舞い始め、大乱舞にはなりませんでしたが、幻想的な舞を披露してくれ、子供たちも大よろこびでした。

本郷ふる郷1

「本郷ふる郷普請の会(藤枝市)」と「株式会社エクノスワタナベ」の環境保全活動を認定!!

平成19年度からふじのくに美農里プロジェクト(農地・水・環境保全向上対策)に取り組んでいる「本郷ふる郷普請の会」と建築設備・環境土木の設計施工等を行っている藤枝市緑町の「(株)エクノスワタナベ」との協働活動について「一社一村しずおか運動」の認定書交付式が4月21日に行われました。

ここでの取組は、遊休農地を活用したビオトープづくりのノウハウと人的支援を求める「本郷ふる郷普請の会」と、ビオトープのフィールドや子どもたちの環境教育など地域社会への貢献を望む「(株)エクノスワタナベ」が手を結び、地域の活性化を促進していく活動です。

また、認定式終了後に、小雨が降る中、地元の瀬戸谷小学校4年生13名が、協働活動の一環として休耕田を活用したビオトープ池にメダカの放流を行いました。

今後は、この運動を通じてホタルの飛ぶふるさとづくりをみんなで進めていきます。

認定式
認定書の交付
放流シーン
小学生による放流の様子

プレート

認定プレート

お問い合わせ

交通基盤部農地局農地保全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2714

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?