• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地局 > 農地保全課 > みんなの力で棚田を守ろう!~静岡県の棚田保全活動 > 活動地区情報・松崎町石部

ここから本文です。

更新日:平成27年8月27日

静岡棚田保全活動しずおか棚田・里地くらぶ

活動地区情報
一社一村しずおか運動参加地区
~駿河湾を見渡す大パノラマは圧巻!海の幸や温泉などの魅力も満載です~
静岡県棚田等十選

松崎町石部(いしぶ)の棚田

松崎町石部(いしぶ)の棚田
場所 松崎町石部地図を見る>>
総面積 10ha
作付面積 2.0ha
棚田等の枚数 1000枚
平均標高 150m
栽培作物 水稲、桜葉
優れた農業土木 強固な棚田の石積みと石畳
国土環境保全 洪水防止、水のかん養
伝統文化の継承 棚田の巨石で行われたどんど焼き
美しい景観 石積み、石畳、海をのぞむ棚田
故事来歴・民話 棚田の山津波伝説、石火郷の言い伝え
豊かな生態系 スミレ、山アザミ、エビネ、ホタル、キジ、メジロ、リス、ノウサギ
田植えの風景稲刈り後のはざ掛け駿河湾と棚田

左から:田植えの風景|稲刈り後のはざ掛け|駿河湾と棚田

松崎町石部地区の概要

松崎町石部地区の棚田では、古くは江戸時代から昭和30年頃まで約18haで連綿と稲作が続けられてきました。平成11年、耕作放棄が進んでいた棚田を復活させようと地元の活動組織を立ち上げ、棚田保全活動を通して都市住民などとの交流を進め、地域の活性化に結びつけるため、事業を活用し道路や水車小屋、交流棟などを整備しました。
また、平成14年度から県内で初めて「棚田オーナー制度」を導入し、海の幸や温泉などの観光的要素も魅力となって、県内外から多くの人が訪れている、静岡を代表する棚田です。
平成22年10月22日・23日には、松崎町と石部の棚田を舞台に「第16回全国棚田サミット」が開催されました。

松崎町石部地区からのメッセージ

石部地区棚田保全推進委員会委員長高橋周蔵氏
石部地区
棚田保全推進委員会会長
高橋周蔵氏

富士山と駿河湾を望む棚田で活動してみませんか。
農作業体験を通して、すべての人が笑顔になれる「百笑の里」づくりを目指し、平成14年5月に「石部赤根田村百笑の里」が開村しました。すばらしい景観が皆様をお待ちしています。

石部の棚田HP「石部棚田に行こうよ!」はこちらから>>(外部サイトへリンク)
http://ishibu-tanada.com/

 

トピックス!!

棚田オーナーになってみませんか?

石部の棚田では、棚田オーナー制度を行います!
景色の良い石部の棚田で「自分の」田んぼを持てるチャンスです!

石部の棚田オーナー制度は2種類あります。自分の棚田保全スタイルにあう応援の仕方をお選びください。

オーナー区分 金額 特典
オーナー会員 35,000円
  • 棚田での「田植え」「稲刈り」を体験できます。
  • 1組につき20kgの棚田米をオーナーのもとにお送りします。
  • 区画にオーナーの名札が立ちます。
トラスト会員 10,000円
  • 1口につき5kgの棚田米を精米してお送りします。
  • 棚田での「田植え」と「稲刈り」の日程をご案内します。
    (ご希望があれば田植え・稲刈り作業を体験できます。)


オーナーは毎年11月から1月末にかけて募集されます。

詳しい情報や、お申し込みは「石部棚田」のホームページからご覧ください!!

石部の棚田ホームページ「石部棚田に行こうよ!」(外部サイトへリンク)

トピックス!!

石部地区が「オーライ!ニッポン大賞」受賞!

石部地区棚田保全推進委員会(会長:高橋周蔵氏)が第7回「オーライ!ニッポン大賞」を受賞しました。この賞は、都市と農山漁村の共生・対流を促進するため、「都市と農山漁村を結びつける活動」、「農山漁村の魅力活かした受入側の活動」等について、優れた貢献のあった団体を表彰するもので、静岡県内では初めての大賞受賞となります。

特産品情報!

赤米・黒米バージョンがあります!棚田米を使用した焼酎「百笑一喜(ひゃくしょういっき)」

棚田で取れたこだわり米「久留女木の棚田育ち」2kg入り1,000円

松崎町商工会が石部の棚田米を使って開発した黒米焼酎「百笑一喜」が好評発売中です!この焼酎は、石部の棚田の保全を兼ね、地域特産品開発事業を活用し、4年がかりで開発されたものです。初めて売り出した18年度は限定6,000本が約一ヵ月半で売り切れる人気ぶりで、追加製造の3,000本もすぐ完売となりました。

そんな大人気の黒米焼酎「百笑一喜」には、赤米を使った姉妹品もあります。赤米焼酎は、深いコクが売りの黒米焼酎に比べ、飲みやすくマイルドで、甘さ、さわやかさなどが特徴です。
黒米焼酎と赤米焼酎、飲み比べてみてはいかがですか?

商品のお問合せは、松崎町商工会(電話:0558-42-0470)まで

★ミニ情報★

小学生も棚田に参加!松崎小学校の「棚田百笑くらぶ」

松崎町立松崎小学校の「棚田百笑くらぶ」では、月に1回ほど、地元の人と一緒に石部の棚田活動に参加し、保全活動やお米作りを体験しています。

焼酎販売関連企業も棚田の保全活動に協力しています!

静岡県では、農山村と企業の要望を結び、双方の得意分野や特色ある地域資源を活用し、協働により地域の活性化を促進することを目的とした「一社一村しずおか運動」を推進しています。
この運動に焼酎「百笑一喜」の販売に関わった製造元の富士錦酒造(富士市)、卸業者の平喜(静岡市)、小売業者の小売酒販組合松崎支部が参加しています。運動の内容は、焼酎1本の売上げにつきそれぞれ5円ずつを石部地区棚田保全推進委員会に寄付し、棚田の保全資金にあててもらうというものです。
「一社一村しずおか運動」に関する詳しい情報は、「一社一村しずおか運動」ホームページをご覧ください。

黒米独特のモチモチ感と香りを生かしています!棚田米を使用した「黒米うどん」

石部の棚田産の黒米(もち米)を使用。本来黒米は中国の故事により縁起の良い出世米とされ、滋養強壮、胃腸を丈夫にし、更に造血作用があると珍重されてきました。黒米のモチモチ感と香りを生かし、紫がかった色が特徴のおいしいうどんです。

商品のお問合せは、佐野製麺(電話:0558-52-0047)まで

 地図

松崎町石部(いしぶ)

 

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

交通基盤部農地局農地保全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2714

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?