• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 熱海土木事務所 > 平成28年度熱海土木工事担当一押し工事!

ここから本文です。

更新日:平成29年4月5日

熱海土木事務所目工事紹介

平成28年度熱海土木工事担当一押し工事!一覧表

熱海土木事務所で平成28年度に実施した道路・河川・砂防・港湾等の工事のうち、担当監督員や現場代理人が各現場での創意・工夫や苦労話、新工法の採用などについてご紹介します。
工事名をクリックしていただくと、工事の概要を説明するスライドにジャンプします。

No. 工事名 担当課・支所 受注者

アピールポイント(各現場での工夫や苦労等)
1.担当者コメント
2.現場代理人コメント

1 (国)135号防災・安全交付金(交通安全)工事(道路情報表示設備工)(11-01)(PDF:355KB) 維持調査課 日本リーテック(株)

1.老朽化の進んだ国道の道路情報表示板の取り換え工事を行いました。神奈川県との境に位置するため、熱海、小田原双方の警察と協議を行い、施工箇所のマンションへの配慮をしつつ、交通影響に配慮して施工しました。
2.神奈川県境で熱海ビーチラインとの交差部であるため、交通対策に注意し工程に合わせ車線切り替えを行いながら交通規制を行いました。夜間施工のため騒音にも注意して安全に施工できました。

2 (国)135号防災・安全交付金(国道橋梁耐震対策)工事(曽我浦大橋)(11-01)(PDF:278KB) 工事課 青木建設(株)

1.交通規制の日には、予想通りの大渋滞となり、警察等からの電話で、プレッシャーを感じました。
数日前から道路表示板で地元車両だけでも迂回を促しました。
2.交通規制の日数を削減するため、資機材搬入で、歩道部を利用した小運搬の工夫をしました。

3 熱海港県単独港湾海岸環境整備事業工事(魚釣施設安全対策工2)
(11-01)(PDF:424KB)
工事課 青木建設(株)

1.海面下での作業に、施工や管理の難しさと港湾工事の魅力を感じました。観光地ならではの安全対策にやりがいを感じました。
2.気象海象の影響を受けやすく施工日が限られる上に、工期が短く苦労しました。専用足場を製作し、安全性の確保に努めました。

4 (国)135号防災・安全交付金(国道災害防除)工事(盛土工)(11-01)(PDF:273KB) 都市計画課 渡辺建設(株)

1.非常に狭隘な現場であり、抑え盛土の効果を発揮させるべく重量を確保するため、盛土材の選定と密度監理に注意をはらった。
2.狭隘な現場であり、材料の搬入出や密度の確保に苦労した。また、降雨による湧水が多数出現し、盛土への影響を抑えることに苦労した。

5 県営住宅七尾団地3号棟居住改善・給水管改善工事(11-01)(PDF:295KB) 都市計画課 北原建設(株)

1.入居者が住みながらの工事であり、制約が多かった。
工期に余裕が無く、不足の事態へ迅速に対応することが求められた。
2.現場での施工を最小限とするため、壁下地や設備配管をユニット化した。

6 伊東高等学校城ヶ崎分校普通教室棟及び体育館屋根等改修工事(11-01)(PDF:250KB) 都市計画課 (株)斉藤組

1.教室棟の屋根撤去から新設までの雨仕舞の対応に苦慮した。今後は、既存屋根を残す工法を検討していきたい。
2.体育館の屋根改修において、化学物質MOCAを使用しないウレタン防水を使用するなど、作業者のリスクアセスメントを徹底した。

7 二級河川伊東大川河川改良工事(護岸工・函渠工)(11-01)(PDF:403KB) 伊東支所 (株)斉藤組

1.設計段階では、水替え工法について様々検討しましたが、結局標準的な土のうによる締切とポンプ排水で何とか施工しました。
2.伊東大川と唐人川の合流地点であり、潮位の影響を受けるため、締切や排水、湧水処理に苦労しました。

8 (主)伊東大仁線東京五輪アクセス道路整備事業工事(切土法面工)(11-01)(PDF:251KB) 伊東支所 (株)斉藤組

1.平成28年から導入を開始したICT土工を採用した珍しい工事です。ICT技術は、まだ発展途上ですが、生産性の向上が期待されています。今回の工事では、掘削及び法面整形に使用したところ、転石混じりの掘削には、出来形管理等に検討の余地があることが解る等、一定の成果を上げることができました。
2.初めて使うICT建機の操作方法を覚えるのに苦労しました。丁張をかけずに法切を行うので、正しい位置を施工しているか不安があり、法面整形後に従来方法による測量をして確認を行いました。初めての経験であり苦労もあったが、学ぶ所も多分にありました。

9 (国)135号安全・安心緊急道路対策事業(災害防除)工事(アーチカルバート工)
(11-01)(PDF:507KB)
伊東支所 (株)斉藤組

1.カルバートの据付時期が河津桜の時期と重なるため、国道135号の著しい渋滞が予想された。そのため、エアモルタル注入作業については近隣の民地を借りることができたため、交通規制期間を4日間と最小限にできた。
2.エアモルタル注入の際にカルバートの滑動が予想された。滑動に対する安全率を算出し、異形鉄筋を基礎コンクリートに貫入させ滑動力に抵抗させる方法をとった。

10 二級河川烏川豪雨対策緊急整備事業(河川)工事(根継工)(11-01)(PDF:504KB) 伊東支所 三和建設(株)

1.現地確認及び打合せなどを密に行うことで、工程管理の徹底を図った。
根継工に化粧型枠を採用し、景観向上に努めた。
2.天候に左右されやすい現場のため工程管理の徹底を図り工期内での完成を行った。
濁水対策や騒音対策など地元住民との調整に努めた。

11 (主)伊東修善寺線県単災害防除工事(法面対策)(11-01)(PDF:520KB) 伊東支所 杉浦建設(株)

1.緊急輸送路の安全確保のため、落石の恐れのある法面に対して対策を行いました。施工箇所の上下に道路、隣には民家があるなか、粉塵が発生する工種が多く、施工時の周辺環境への配慮を考えるきっかけとなりました。
2.新技術GTフレーム工法ということで最初は戸惑いましたが、完成から半年が経過し、全面緑化による景観もよく、施工中は軽量な材料により法面作業の安全性が向上し、工期短縮にもつながりました。現場に適した新技術工法はこれからも積極的に取り入れていくべきだと思います。

12 奥野ダム河川維持管理(奥野ダム維持管理)堆積土砂掘削工事(11-02)(PDF:872KB) 伊東支所 中守建設

1.掘削土砂の一部について、トロンメルバケットを装着したバックホウにて、夾雑物や粒径の大きな砂利を除去し、再利用土砂として伊東市水道課へ提供した。
2.掘削後の土砂について、水切り及び検収のための仮置きをダム敷地内から残土処理場へ変更したことで、ダムの環境保全及び来訪者の安全確保を図った。

 

過去の注目工事一覧

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県熱海土木事務所 

〒413-0016 熱海市水口町13-15 

電話番号:0557-82-9171  

ファックス番号:0557-82-9110  

メール:atado-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?