• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 熱海土木事務所 > 平成30年度広報メンズ・レディースだより

ここから本文です。

更新日:平成30年8月14日

「広報メンズ・レディースだより」平成30年度に実施した業務の一部をご紹介します

熱海土木事務所をもっと身近に感じていただくために関係事業の情報をお届けしています。(タイトルをクリックすると記事にとびます。)

30年8月7日

伊東市内の老人会の皆様に奥野ダムについて説明しました。

30年8月3日

総合庁舎入口交差点の改良工事を実施しました!

30年8月3日

今年も「奥野ダム一日ダム教室」を開催しました!

30年8月2日

職員の技術力向上を図るため、VRを用いた現場見学会を開催しました。

30年7月17日

特別養護老人ホームで土砂災害講習会を開催しました。

30年6月21日

社会科見学で訪れた小学生に奥野ダムについて説明しました。

30年5月31日

協働!いっしょに、未来の地域づくり~道路沿いの春の花植え活動~

30年5月29日

昆虫×土木=???~ミュージアムキャラバンにあわせて土木事務所の仕事を紹介~

30年5月14日

「TAKATA-FESTAin熱海2018」に参加しました!

30年4月2日

交通の円滑化に向けて、県道と市道を相互に移管しました。

 

 

 伊東市内の老人会の皆様に奥野ダムについて説明しました。

7月27日、熱海土木事務所が管理する奥野ダムに、伊東市内の老人会「いきいきクラブ伊東大原第2楽寿会」20名が訪れました。

奥野ダムのしくみや役割、小水力発電について説明を行った後、実際にダムの中の発電機やダムの施設を見学してもらいました。

平均年齢78歳の皆様でしたが、上り下り合わせて700段近い階段を踏破し、「すごい記念になった」等の感想をいただきました。

 

広報30080701

伊東大原第2楽寿会の皆様

 総合庁舎入口交差点の改良工事を実施しました!

(主)熱海函南線と(市)温泉通り水口線が交差する「総合庁舎入口交差点」は熱海の中心市街地に位置しています。

付近には、起雲閣、来宮神社などの観光名所のほか、大型の温泉宿が軒を連ねるとともに、

市役所や商業施設などの都市機能が集積しており、交通量が多い交差点です。

小学校の通学路にもなっていますが、道路の線形がくい違っており、歩道も狭く、

自動車、歩行者とも大変危険な交差点でした。

 

このため、県と熱海市では、熱海の一大イベントである7月15日(日)16日(月)の「熱海こがし祭り」開催に合わせ、

交差点改良工事を実施しました。

 

これにより、市道を直進するドライバーからの見通しが改善され車両の走行性が向上するとともに、

歩行者のすれ違いに充分な歩道幅を確保することができ、地元住民や観光客などの歩行者にも優しい交差点となりました。

 

広報30080311

観光地熱海の中心地が、より安全に生まれ変わりました。

広報30080312

右折車線が整備され、通行がよりスムーズになりました。

広報30080313

大賑わいの熱海こがし祭りの様子。

(写真出典:熱海市観光協会HP)

 

 今年も「奥野ダム一日ダム教室」を開催しました!

7月25日(水)に、静岡県(熱海土木事務所、東部農林事務所)と伊東市の共催により、「第29回奥野ダム一日ダム教室」を、盛大に開催しました。

このイベントは、毎年「河川海岸愛護月間」(7月)と「森と湖に親しむ旬間」(7月21日~31日)にちなみ、奥野ダムを一般に開放し、

過去の災害やダムの役割などに理解を深めてもらう機会として、平成2年より実施しているものです。

当日は前日までの猛暑もおさまり、好天に恵まれました。県内外から、子どもを中心とした約350名の方々が参加しました。

普段は入ることができないダム底の監査廊の見学や管理用小水力発電設備の公開、東部農林事務所の木工教室、

伊東建設業協同組合の工事用車両の体験と展示、静岡県測量設計業協会東部支部の測量体験やドローンの展示飛行、

関係団体によるザリガニ釣りや和太鼓演奏など、多くのみなさまの御協力をいただき、森や水の恵みにふれあいながら、夏のひとときを楽しんでいただきました。

 

広報30080301

広報30080302

広報30080303

広報30080304

広報30080305

広報30080306

広報30080307

広報30080308

広報30080309

広報30080310

 職員の技術力向上を図るため、VRを用いた現場見学会を開催しました

熱海土木事務所では、職員の技術力向上を図るため、(主)伊東修善寺線の記念が洞橋(伊東市鎌田地内)にて施工中である

橋梁耐震対策工事(下部工補強工)の現場見学会を開催しました。

静岡県内の工事としては、実績の少ないグラウンドアンカー工を用いた橋梁耐震補強工事を進めております。

見学会当日は、熱海土木事務所をはじめとした職員が、3次元測量データを基にして作られた仮想の現場空間に入るVRを体験し、

最新の技術に触れることが出来ました。

今後も、生産性向上につながるICTの活用に取り組んでいきます。

 

広報3008021

施工中の現場で状況を確認

広報3008022

現場詰所にてVR技術の説明

広報3008023

現場を再現したVR体験地面にも潜れる!

広報3008024

3次元測量データを基にした3D図面

 特別養護老人ホームで土砂災害講習会を開催しました。

熱海土木事務所では、7月12日(木曜日)に熱海市の特別養護老人ホーム「海光園」において、土砂災害に対する知識を広めるための講習会を開催しました。

西日本で大きな災害が発生した直後ということもあり、当日参加された約25名の職員の方々が災害をより身近な問題としてとらえ、

講習会の内容に真剣に耳を傾けていました。

また、職員の間では入居者の早期かつ安全な避難体制に関する意識が高く、講習会後の質疑は活発な意見交換の場となりました。

 

講習会の内容に真剣に耳を傾ける職員の方々

 

災害全般について、多くの質問がありました

 

 社会科見学で訪れた小学生に奥野ダムについて説明しました。

熱海土木事務所伊東支所で管理する奥野ダムには、毎年市内の小学生が社会科見学で訪れます。

今年も6月14日には、伊東市立旭小学校4年生28名の皆様、6月15日には、伊東市大池小学校4年生62名の皆様が訪れてくれました。

ダムのしくみや役割について説明を行い、静岡県内の土木の仕事をダイジェストに紹介する「静岡どぼくらぶ」の動画も上映しました。

1.平成30年6月14日(木曜日)伊東市立旭小学校4年生28名

静岡どぼくらぶの動画鑑賞をしました。

奥野ダムの役割と歴史を学びました。

ダム内部のバルブ室に入りました。

 

2.平成29年6月15日(金曜日)伊東市立大池小学校4年生62名

静岡どぼくらぶの動画鑑賞をしました。

奥野ダムで興味のあったことを質問しました。

ダムの監査廊(点検用のトンネル)

に入りました。

 

 協働!いっしょに、未来の地域づくり~道路沿いの春の花植え活動~

地域の皆さんと一緒に道路沿いに花を植えました。

熱海土木事務所では、観光地「熱海・伊東」を訪れる年間約1750万人を超える観光客をもてなすため、国道135号沿いにプランターを設置し、

地元住民と協働で道路美化・花の維持管理(花街道事業)を行っています。

今回、春の植え替え作業を5月27日(日曜日)に熱海市内4箇所、5月25日(金曜日)に伊東市内2箇所で行いました。

地元町内会や関係団体、熱海土木事務所職員など約110名が参加し、早朝から沿線のプランターに約3000株の「ベゴニア」、

「マリーゴールド」を植えていただきました。

 

【協力団体】

熱海市内:熱海建設業協会、上多賀町内会、下多賀町内会、和田木町内会

伊東市内:宇佐美観光協会、川奈ホテル

渚地区(熱海建設業協会)

上多賀地区(上多賀町内会)

 

 昆虫×土木=???
~ミュージアムキャラバンにあわせて土木事務所の仕事を紹介~

ふじのくに地球環境史ミュージアムでは、5月17日(木曜日)から5月30日(水曜日)にかけて、熱海総合庁舎2階ロビーにおいて、

出張展示「ミュージアムキャラバン『昆虫の世界』」を開催しています。

この展示にあわせ、熱海土木事務所では、展示に訪れた県民の民様に津波対策など「どぼくの仕事」を紹介しています。

熱海総合庁舎へお越しの際には、是非お立ち寄りください。

ミュージアム感いっぱいの「昆虫の世界」展

空きスペースで「どぼくの仕事」を紹介しています

 

土木というと、地震や豪雨対策など「自然に立ち向かう」「自然を克服する」といったイメージや、大規模な構造物やコンクリートなど

「自然を壊す」「自然に馴染まない」といったイメージがありますが、環境に優しく景観に馴染む整備や、自然を学ぶ活動への協力も行っています。

今後も、県民の皆様の命と財産を守るとともに、自然とともに「活きる」「活かす」土木行政を進めていきます。

コケの付着など植生を促す河川工事の施工

「川の学校」の様子・・・何が獲れたかな?

 「TAKATA-FESTAin海2018」に参加しました!

5月12日(土曜日)・13日(日曜日)に熱海市親水公園レインボーデッキにおいて、陸前高田市の復興支援と震災を語り継ぐ、

音楽と防災のイベント「TAKATA-FESTAin熱海2018」が開催されました。

熱海土木事務所では、両日ともブースを出展し、県の津波対策の取り組みや土木事務所の仕事についてパネル展示するとともに、

「熱海サンビーチクイズ」や「どぼくらぶぬり絵」を実施するなど、地域の方々や観光客など多くの皆様に「どぼく」の仕事を紹介しました。

 

♪イベント参加の裏話・・・

本イベントの実行委員の方がたまたま別件で土木事務所にみえた時に、熱海土木事務所の戦略広報で取り入れた

デジタルサイネージ(電子掲示板)が目に留まり、土木事務所で津波対策に取り組んでいることを知ったことがきっかけで、

イベント参加について声を掛けていただきました。

今後も、県民の皆様に伝わりやすい広報に取り組み、様々な「御縁」を築いていきます。

大賑わいの「TAKATA-FESTAin熱海2018」

どぼくらぶソングが流れる熱海土木ブース

市民も観光客もクイズやぬり絵にチャレンジ

インターネットTVにもインタビューされました

 

 交通の円滑化に向けて、県道と市道を相互に移管しました。

県道熱海大仁線と熱海市道については、平成29年3月28日に県と熱海市で「道路管理の移管に関する覚書」を締結し、

道路管理の相互移管に向けた手続きを進めてきました。

この度、県と熱海市で手続きが完了しましたので、平成30年4月1日に以下のとおり管理を相互に移管しました。

 

相互移管の概要(別図のとおり)

県が市へ移管する道路:県道熱海大仁線(約2km)(移管後、市が市道として管理)

市が県へ移管する道路:市道池田楠ヶ洞線、市道中部横断道路線、市道中張窪上土城線(約2.4km)(移管後、県が県道熱海大仁線として管理)

 

H30年3月31日まで

H30年4月1日~

 


 

お問い合わせ

静岡県熱海土木事務所 

〒413-0016 熱海市水口町13-15 

電話番号:0557-82-9171  

ファックス番号:0557-82-9110  

メール:atado-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?