• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 沼津土木事務所 > あいさつ

ここから本文です。

更新日:令和2年4月10日

所長あいさつ

当事務所は、静岡県東部地区の沼津市、三島市、御殿場市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、函南町、清水町、長泉町、小山町の10市町を所管しています。

管内は、首都圏に隣接する地理的優位性から沼津・三島・裾野市を中心とした地域で製造業や商業・流通業が活発であり、近年では豊かな自然に恵まれた富士山麓周辺に先端技術産業などの向上や試験研究、研究機関が進出しています。また駿河湾の海の幸、天城山系、箱根山麓の山の幸に加え、景勝地や豊富な温泉、史跡等の多くの観光・文化的資源に恵まれ、毎年多くの来訪者を受け入れている地域でもあります。

加えて、富士山、韮山反射炉の2つの世界文化遺産や、来年の東京オリンピック・パラリンピックでは、自転車競技のトラック競技、マウンテンバイクが伊豆市で、ロードレースコースとして小山町、御殿場市、裾野市の道路が使用される予定です。また、令和4年には管内を舞台にしたNHK大河ドラマが放映される予定であり、世界的にも、国内的にもこれまで以上に管内への注目度が高まっております。

 当事務所では、管内の道路、河川、海岸、土砂災害対策(砂防、地すべり、急傾斜地崩壊対策)、港湾・漁港、都市計画街路、下水道、営繕・住宅などの事業を推進しています。一方で近年は気候変動に伴い、今までにない豪雨により水害や土砂災害が頻発しており、昨年の台風19号では、管内各地で浸水被害や土砂災害、公共施設の被害が発生しました。このため、被災した施設の迅速な復旧に取り組むとともに、皆様の安全・安心を確保し、地域の発展に貢献できるよう、堤防などの施設をはじめとするハード対策や避難などのソフト対策を組み合わせ、国や市町と連携しながら効率的な社会資本整備や維持管理に取り組んでまいります。

さらに、令和5年度に供用が予定されている御殿場ジャンクション以東の新東名高速道路と一体となった内陸フロンティアを拓く取組や、ヒト・モノ・地域を結ぶ基盤づくりでは、東駿河湾環状道路から伊豆縦貫自動車道天城北道路と一体となった道路ネットワークの整備が平成30年度に完成したところであり、引き続き国道136号江間インターチェンジ改築や主要地方道熱海大仁線の拡幅等アクセス道路の整備を進め、道路ネットワークの充実を図ってまいります。

本年度も沼津土木事務所では、地域の皆様と連携し、地域の発展に向け、安全・安心で魅力ある地域づくりに職員一丸となって取り組んで参りますので御指導、御協力をよろしくお願い申し上げます。

 

令和2年4月

沼津土木事務所長   原  広司(はら   こうじ)

 

 

 

お問い合わせ

静岡県沼津土木事務所 

〒410-0055 沼津市高島本町1番3号東部総合庁舎6階・8階

電話番号:055-920-2202

ファックス番号:055-922-6684

メール:numado-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?