• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 富士土木事務所 > 富士川かりがね橋整備事業 > 新橋の特長

ここから本文です。

更新日:令和4年1月26日

富士川かりがね橋整備事業

特長1 周辺の景観に配慮した色彩とデザイン

富士川かりがね橋は、一級河川富士川にかける橋長742mの長大橋です。当橋梁の建設位置周辺では、富士川の西岸から富士川、岩本山、世界遺産に登録された富士山などを眺望できます。
このため、新橋の設計では、有識者を交え景観に配慮した色彩やデザインを採用しました。色彩では、周囲の景観を極力阻害しないグレーベージュやダークブラウンを中心に組み合わせました。また、当橋梁は周囲の風景も含めると下流からの眺めがよいため、照明灯や道路案内標識は目立たない新橋上流側に配置しました。

富士川楽座からのぞむ(完成後CG)富士川楽座からのぞむ(完成後CG)
富士川西岸からのぞむ(完成後CG)富士川西岸からのぞむ(完成後CG)

特長2 一級河川富士川の治水への配慮

富士川かりがね橋は、富士平野の頂部で急流河川富士川が南下する位置に建設します。すぐ上流域では、富士川が東西の山々にはさまれながら流下してきますが、新橋建設地付近では、富士川が扇状地的に広がるところで、川の流れが複雑です。
このため、新橋建設に伴う治水上の影響を極力小さくすることを目的として、水理解析(シミュレーション)や水理模型実験を実施し、専門家の意見を反映して橋梁構造を決定しました。当橋梁は6基の橋脚が設置されますが、富士川の計画高水量16,600m3/s(150年に一度の確率)を想定して、橋脚の向き、形、根入れ深さを決定しました。

水理模型実験の様子1
水理模型実験の様子2-2

水理模型実験の様子

特長3 先端技術を導入した橋梁構造

富士川かりがね橋は7径間の橋梁で、橋台が2基、橋脚が6基設置されます。このような場合、通常橋梁上部は7つの桁に分かれますが、当橋梁では先端技術を取り入れ、7つの桁を1つにまとめました。
これにより、7つの桁を結ぶジョイントが省略でき、ジョイントで発生する不快な騒音をおさえ、快適な自動車走行を実現します。また、耐震性にもより優れた構造となり、地震時の緊急輸送路としての大きな役割を担います。

富士川東岸からのぞむ(完成後CG) 富士川東岸からのぞむ(完成後CG)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県富士土木事務所

〒416-0906 富士市本市場441番地の1

電話番号:0545-65-2819(企画検査課)

ファックス番号:0545-65-2270

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?