• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 浜松土木事務所 > 浜松市沿岸域防潮堤整備事業 > 防潮堤を視察された皆様

ここから本文です。

更新日:令和元年12月2日

浜松市沿岸域防潮堤整備事業

防潮堤を視察された皆様

令和元年10月に視察された皆様

相模原地区民児協議会

相模原地区民児協議会

掛川市まちづくり委員会

掛川市まちづくり委員会

令和元年9月に視察された皆様

 

国営農業水利事業促進関東協議会1

国営農業水利事業促進関東協議会

令和元年8月に視察された皆様

島田建設業協会

島田建設業協会

天竜建設業協会

天竜建設業協会

令和元年7月に視察された皆様

牧之原市自治会

牧之原市自治会

埼玉県新座市消防団

埼玉県新座市消防団

令和元年6月に視察された皆様

浜松市女性防災クラブ

浜松市女性防災クラブ

神奈川県三浦市三崎町区長会 

神奈川県三浦市三崎町区町会

令和元年5月に視察された皆様

掛川市東大阪区 

掛川市東大阪区

豊橋市五並中学校

豊橋市五並中学校

平成31年4月に視察された皆様

河輪地区シニアクラブ

河輪地区シニアクラブ

名古屋市南区桜公民会

名古屋市南区桜公民会

平成31年3月に視察された皆様

南区わくわく探検隊

南区わくわく探検隊

愛知工業大学

愛知工業大学

平成31年2月に視察された皆様

白鳥ノルディックウォーク同好会

白鳥ノルディックウォーク同好会

名古屋市牧の原地区消防団

名古屋市牧の原地区消防団

平成31年1月に視察された皆様

竜洋東小学校

竜洋東小学校

磐田農業高校

磐田農業高校

全国都市河川協議会中部ブロック会議

全国都市河川協議会中部ブロック会議

水のいのちとものぢくり中部フォーラム

水のいのちとものづくり中部フォーラム

静岡不動産

静岡不動産

三重県四日市市自主防災隊

三重県四日市市自主防災隊

平成30年11月に視察された皆様

入野中学校

浜松市立入野中学校

徳島大学徳島県

徳島大学徳島県

湖東中学校

浜松市立湖東中学校

砕石工業組合

砕石工業組合・舗装協会・合材協会技術研修会

JAとぴあ浜松

JAとぴあ浜松

岩手県

岩手県

附属浜松小学校

静岡大学教育学部附属浜松小学校

日本技術士会北海道支部防災委員会

日本技術士会北海道支部防災委員会

大東建託パートナーズ

大東建託パートナーズ

平成30年10月に視察された皆様

静岡県土木施工管理技士会

静岡県土木施工管理技士会

小田原市自治会

小田原市自治会

三重県四日市市東部ブロック連合自治会

三重県四日市市東部ブロック連合自治会

都道府県技術管理等主管課長会議

都道府県技術管理等主管課長会議

篠原中学校

浜松市立篠原中学校

中部地区建設技術推進協議会

中部地区建設技術推進協議会

環境部政令指定都市会議

環境部政令指定都市会議

   

平成30年9月に視察された皆様

全国学校生活協同組合

全国学校生活協同組合

宮城県

宮城県

新津地区社会福祉協議会

新津地区社会福祉協議会

浜松市雄踏赤十字奉仕団

浜松市雄踏赤十字奉仕団

   

平成30年8月に視察された皆様

浜松市篠原地区自治会連合会

浜松市篠原地区自治会連合会

浜松市北区自治会連合会

浜松市北区自治会連合会

サイエンスミーティング

サイエンスミーティング

浜松南高校理数科

浜松南高校理数科

浜松市水防団

浜松市議会議員

はましん地域振興財団

はましん地域振興財団

馬込川をきれいにする会

馬込川をきれいにする会

焼津市建設技術協会

焼津市建設技術協会

高知県土木事務所

高知県土木事務所

平成30年7月に視察された皆様

浜松市中区自治会連合会

浜松市中区自治会連合会

浜松市西区自治会連合会

浜松市西区自治会連合会

京田辺市役所

京田辺市役所

浜松市南区自治会連合会

浜松市南区自治会連合会

浜松市議会議員

浜松市議会議員

 

平成30年6月に視察された皆様

大山田東小学校区防犯パトロールボランティア

大山田東小学校区防犯パトロールボランティア

愛媛県愛南町議会

愛媛県愛南町議会

日本樹木医会全国大会

日本樹木医会全国大会

名城大学

名城大学

磐田市連合自治会磐田支部

磐田市連合自治会磐田支部

 

平成30年5月に視察された皆様

(一社)地域建設業新未来研究会

(一社)地域建設業新未来研究会

和歌山県美浜町役場

和歌山県美浜町役場

島田工業高校

島田工業高校

農林大学校

農林大学校

豊橋市立五並中学校

豊橋市立五並中学校

 

平成30年4月に視察された皆様

黒田市議関係者

黒田市議関係者

県企業立地推進課

県企業立地推進課

浜松まつり期間中の防潮堤見学会平成29年5月3日(水曜日)、4日(木曜日)、5日(金曜日)

5月3日~5日の浜松まつりにあわせ、防潮堤見学会を開催しました。平成26年度から開催している見学会は今年で4回目を向かえ、毎年多くの皆様にご好評をいただいております。今年の見学会は天候にも恵まれ、約740名もの多くの皆様にご来場していただきました。完成したばかりの中田島プラントと高さ13mの防潮堤を見学していただき、防潮堤の高さと強さを実感していただきました。

 

170516_1

パネルを用いて防潮堤を説明しました

170516_2

ビジターセンターでDVDを視聴

170516_3

CSGを叩いて硬さを実感!

170516_4

多くの皆様に見学していただきました

篠原地区連合自治会平成28年8月5日参加者37名

<防潮堤を見学した感想、防潮堤に期待すること>

CSG工法の丈夫さ、津波に耐えうる構造物だと理解した。唯、今切口へ向かって構造物のスリム化に若干、心配がある。一刻も早い完成を望みたい。

完成区間から随時、利活用させてほしい。防潮堤に併設する防風林整備もあわせて行ってほしい。

 

1

CSGを叩いて硬さを確認

20160905_2

舞阪CSG製造プラント

全国本田労働組合連合会販売部門平成28年7月27日参加者15名

<防潮堤を見学した感想、防潮堤に期待すること>

今回、防潮堤を見学させていただき、大変理解を深めることができました。数千年に一回のレベル2クラスの津波への対応など先進的な取組みはとても興味が持てました。今年は東日本大震災から5年、4月には熊本地震も発生し、いつどこで地震が起きるか分からないと感じております。一日も早い完成を願っております。

13mという高台ですのでとても見晴らしが良いと感じました。ウォーキングコースなど整備していただけるとありがたく思います。子供も安全に歩けるよう自転車などへの配慮いただけると嬉しく思います。

 

20160905_3

防潮堤天端にて

4

CSGを叩く

蒲郡市府相区役員会平成28年6月20日参加者20名

<防潮堤を見学した感想、防潮堤に期待すること>

壮大な計画を地元住民と共に進めているのに感銘した。当地区の防災計画の参考にしたい。

5

防潮堤資料室での説明

6

防潮堤天端にて

細島町自主防災隊平成28年6月19日参加者17名

<防潮堤を見学した感想、防潮堤に期待する事>

防潮堤の存在を多くの人に知ってもらう。

完成後は市民のために憩いの場として提供を。

 

7

防潮堤説明ビデオを鑑賞

8

模型を使って説明

ご視察いただいた皆様、ありがとうございました!ご視察に来ていただき、防潮堤工事に対して様々なご意見、ご感想をいただけると我々も励みになります。いただいたご意見に対する回答はQ&Aページにて掲載しております。防潮堤工事は日々進捗しておりますので、ぜひ2回目、3回目の視察をお待ちしております!

平成28年6月17日(金曜日)中学生にも伝えたい~未来の地域づくり~

浜松土木事務所では、地域の未来を担う若者にも防潮堤を見学してもらうことで、防災や減災について考えるきっかけをつくり、地域の防災力向上につなげたいと考えています。

6月17日(金曜日)に篠原中学校1年生の皆さん約140人が防潮堤建設工事の現場を見学しました。完成した高さ13mの防潮堤の上を250mにわたって歩き、防潮堤の高さと強さを体験していただきました。見学中、職員の概要説明にも真剣に耳を傾け、「現場では何人くらいの人が働いていますか?」「津波が来た場合、どこに逃げればいいですか」など活発な質問がありました。今後も、地域の防災力向上につながる広報に力を入れていきます。

 

160728_1

職員の説明に真剣に聞き入る生徒さん

160728_2

防潮堤の上を歩く

 

160728_3

防潮堤の強さを叩いて実感

 

平成28年5月3日(火曜日),4日(水曜日)浜松祭り期間中防潮堤見学会

地域の皆様に浜松市沿岸域防潮堤事業を広く知っていただくために、浜松祭り期間中の5月3日、4日に防潮堤見学会を開催しました。当日は晴天に恵まれ、約410名の方々に参加していただきました。実際に完成した防潮堤の上に立ち、防潮堤工事のスケールの大きさを感じていただき、また、防潮堤の主要部材であるCSGをハンマーで叩いてその頑強さを実感していただきました。

hamamatumaturi1

CSG材料の製造模型を見学

hamamatumaturi2

防潮堤の主要部材であるCSGの硬さを叩いて実感!

hamamatumaturi3

日本近海の海底地形を3Dで観察すると…

hamamatumaturi4

澄み渡る青空のもと、防潮堤天端を歩く

 

平成27年3月8日(日曜日)白羽町自治会

≪防潮堤を見学した感想・防潮堤に期待すること≫

  • 防災面から安全安心な国土を作る壮大な「国づくり」を実感しました。
  • 先人の知恵を生かし、自然と人が共存できる場にしたい。

『市民の「憩いの場」としての防潮堤』・『雄大な遠州灘の景観に配慮した防潮堤』に近づけるよう、有識者の皆様、地元の代表の皆様のご意見を伺いながら、防潮堤完成後の利活用等を検討してまいります。

平成27年2月24日(火曜日)宮城県亘理地区震災語り部の会(中区八幡地区民生委員)

≪防潮堤を見学した感想・防潮堤に期待すること≫

 

 

平成27年2月14日(土曜日)自治会交流ツアー(浜松市市民協働センター主催)

≪防潮堤を見学した感想・防潮堤に期待すること≫

  • 予定通り進んでいるようで安心しました。
  • 大変大掛かりな事業であり、工事も大変ていねいに行われております。一日も早い完成を願っております。沿岸住民の方々も安心して暮らせると思います。
  • 防潮堤のできない天竜川、馬込川、浜名湖からの津波の流入をどう防ぐかという問題。寄附金が余った場合は、「防災センター」などの体験施設を作って欲しい。

現在、有識者の皆様のご意見を伺いながら「馬込川」河口部の津波対策を検討しています。

 

平成27年1月25日(日曜日)阿蔵自治会

≪防潮堤を見学した感想・防潮堤に期待すること≫

  • 防潮堤が必要な理由、期待される防災(減災)程度、完成時期、工事進捗度等を毎月の広報に(写真付きで)定期的に掲載してほしい。
  • 見学前に防潮堤のけんせつについては、紙面や映像による資料で説明を受けてきたが、実際に現場を見ると、スケールの大きさや様々な課題に対する対応など、その大変さが実感できた。津波に対する被害をできるだけゼロに近づけるよう今後も一層の工夫をお願いしたい。
  • 大規模な工事であることを実感しました。地域の景観についても問題はないように思います。完成後の景色は植栽等に工夫した、訪れるのが楽しみになる場所になることを期待します。

工事の進捗状況、各種イベント、皆様からいただいた声など、防潮堤に関する最新の情報を、メールマガジン等でお届けしてまいります。

平成27年1月23日(金曜日)可美地区自治会連合会

≪防潮堤を見学した感想・防潮堤に期待すること≫

  • 大掛かりな工事と感じた。海岸地域では、津波到達が海岸より4km位離れた当地区に比べ非常に速いことを知った。
  • CSGを基礎にした堤はどっしりとした安心感を与えてくれた。
  • 一日も早く完成すると住民は安心すると思います。
  • 建設現場を見学して、頼もしく、安心感を抱いた。計画(5km/年)を期待。

今後も、一日でも早く防潮堤が完成するよう努力して事業を進めてまいります。

 

お問い合わせ

静岡県浜松土木事務所

〒430-0929 浜松市中区中央1丁目12番1号浜松総合庁舎7・8F 

電話番号:053-458-7289

ファックス番号:053-458-7199

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?