静岡県

本文へジャンプ

Foreign language English Chinese Korean Spanish Portugues

ホーム

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・雇用

交流・まちづくり

県政情報

ホーム組織別情報交通基盤部焼津漁港管理事務所事業計画・報告海岸保全施設整備事業

平成23年11月4日 更新
ここから本文です。

ここからサブメニューです。

ここから本文です。
海岸保全施設整備事業  

地域住民等の安全確保のために、海岸災害の恐れのある地域において総合的な防災機能の強化を行います。

工事一覧

 海岸保全施設整備事業で行っている主な工事の一覧です。工事概要をご覧になるには、各工事名をクリックして下さい。

 陸閘遠隔操作化工事

 浜当目離岸堤改良工事

工事概要

 工事一覧に戻りたい方は、一覧に戻るをクリックして下さい。

陸閘遠隔操作化工事
(工事概要)
事業名 海岸保全施設整備事業陸閘遠隔操作化工事
総事業費 8億6,800円
整備期間 平成12年度〜18年度
事業の目的  焼津漁港海岸は、東海地震の予想震源域内にあり、今後の大規模な地震・津波の発生に備え、様々な防護施設が整備されてきました。
 その施設の一つである陸閘は、平時は人や車両の通行のために開いており、発災時には閉め切られることで、津波にともなう海水の陸域への浸入を防ぎます。
 陸閘の開閉操作はこれまで現地で手動で行っていたため、操作者の安全確保や対応の面で発災時に施設機能が十分に発揮されない可能性がありました。 そこで、陸閘を電動・遠隔操作化し、津波防災ステーションを24時間体制の焼津市消防防災センター内に整備しました。これにより、施設の一元管理化、発災時の施設機能及び操作人員の安全性が確保され、施設機能が十分に発揮できる状態が維持されるようになりました。
写真:新港4号陸閘(閉鎖時)の様子
新港4号陸閘(閉鎖時)の様子
写真:津波防災ステーション(焼津市消防防災センター内)
津波防災ステーション(焼津市消防防災センター内)
陸閘遠隔操作化工事平面図
陸閘遠隔操作化工事平面図
陸閘遠隔操作化工事平面図
陸閘遠隔操作化工事位置図
陸閘遠隔操作化工事位置図
 一覧に戻る

浜当目離岸堤改良工事
(工事概要)
事業名 海岸保全施設整備事業浜当目離岸堤改良工事
総事業費 8億3,250万円
整備期間 平成19〜23年度
事業の目的 近年、浜当目地区は階段式護岸が整備されているものの、海浜の侵食が著しく、護岸の基礎が露呈している状況にあります。
 施設の維持や国土保全のために、離岸提の嵩上げを実施しました。侵食された砂浜に養浜も実施しています。
侵食前の浜当目海岸(平成8年7月)侵食された浜当目海岸(平成21年2月)

侵食前の浜当目海岸(平成8年7月)/侵食された浜当目海岸(平成21年2月)

浜当目離岸堤
浜当目離岸堤
浜当目離岸堤改良イメージ
浜当目離岸堤改良イメージ
浜当目離岸堤改良工事位置図
浜当目離岸堤改良工事位置図
浜当目離岸堤改良工事図
浜当目離岸堤改良工事図
 一覧に戻る




お問合せ先

静岡県焼津漁港管理事務所
〒425-0021 静岡県焼津市中港5丁目19番1号
電話番号:054-628-3126  FAX:054-629-6217  E-mail:yaizu-kanri@pref.shizuoka.lg.jp