静岡県

本文へジャンプ

Foreign language English Chinese Korean Spanish Portugues

ホーム

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・雇用

交流・まちづくり

県政情報

ホーム組織別情報交通基盤部焼津漁港管理事務所事業計画・報告強い水産業づくり交付金

平成23年11月4日 更新
ここから本文です。

ここからサブメニューです。

ここから本文です。
強い水産業づくり交付金  

今後の大規模な地震・津波等の発生に対し、災害に強い漁業地域づくりを推進するために、耐震機能の強化を行います。

工事一覧

 強い水産業づくり交付金で行っている主な工事の一覧です。工事概要をご覧になるには、各工事名をクリックして下さい。

 津波緊急待避施設工事

工事概要

 工事一覧に戻りたい方は、一覧に戻るをクリックして下さい。

津波緊急待避施設工事
(工事概要)
事業名 強い水産業づくり交付金津波緊急待避施設工事
総事業費 約135百万円
開始年度 平成16年度
完成年度 平成18年度
施工箇所 焼津市 城之腰 地内他
施工数量 4基
小川地区400人(201.1平方メートル)
城之腰地区240人(122.2平方メートル)
新屋地区190人(96.6平方メートル)
外港地区270人(136.6平方メートル)
工事概要 本体工、照明工、舗装工など
事業の目的 焼津漁港には防波堤の外に広大な敷地があり、多数の漁業就業者がいます。しかし、津波避難ビル等の避難施設までが遠く、津波発生の際に速やかにそこまで行くのが困難な状況でした。そこで、発災時に漁業者の安全を確保するため、緊急的な待避施設を防波堤の外側に設置しました。設置場所は、各漁業協同組合と協議し、小川地区、城之腰地区、外港地区、新屋地区にそれぞれ1基ずつ、計4基となっています。
津波緊急待避施設工事横断面図
津波緊急待避施設工事横断面図
津波緊急待避施設工事位置図
津波緊急待避施設工事位置図
(平成18年度までの進捗状況)
年度 事業費 進捗率 工事内容
平成16年度まで 40百万円 30% 本体工(小川地区)など
平成17年度 60百万円 44% 本体工(城之腰・外港地区)など
平成18年度 35百万円 26% 本体工(新屋地区)など
135百万円 100%
写真:津波緊急待避施設の様子
津波緊急待避施設の様子
 一覧に戻る




お問合せ先

静岡県焼津漁港管理事務所
〒425-0021 静岡県焼津市中港5丁目19番1号
電話番号:054-628-3126  FAX:054-629-6217  E-mail:yaizu-kanri@pref.shizuoka.lg.jp