• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ステップしずおかキッズ/県の歴史と昔話/静岡県の歴史

更新日:平成22年8月3日

ステップしずおかキッズ

ここから本文です。

県の歴史と昔話

静岡県の歴史
むかしばなしのページへ
 
  登呂遺跡が語る太古の歴史
登呂遺跡
静岡県には、大昔の石器時代(せっきじだい)や縄文時代(じょうもんじだい)から多くの人が海や川の近くに住んでいました。弥生時代(やよいじだい)には水田を作りやすい場所に人が集まるようになりました。静岡市にある登呂遺跡(とろいせき)は、そのころの村や田んぼの跡です。
古墳(こふん)時代や奈良(なら)、平安(へいあん)の時代には遠江(とおとうみ)の国、駿河(するが)の国、伊豆(いず)の国と呼ばれ、各地に神社や寺が建てられました。この3つの国の名前は、それから長い間使われることになりました。
 
 

 
  静岡県と徳川家康
徳川家康像
武士が政治の中心となった鎌倉時代(かまくらじだい)からしばらくの間は、県のあちこちで合戦(かっせん)や領土争い(りょうどあらそい)が起こり、北条氏(ほうじょうし)や今川氏(いまがわし)など、力の強い一族が治めている時期もありました。
江戸時代のはじめ、家康が駿府(すんぷ/今の静岡市)に隠居(いんきょ)した時には、主な家臣(かしん)や学者、大商人などもいっしょについて来たので、この地域の文化に大きな影響を与えました。また東海道五十三次(つぎ)のうち、22の宿(しゅく)があり、それぞれの宿(しゅく)を中心として、町が発展(はってん)しました。また伊豆(いず)や駿河湾(するがわん)にある港や富士川、天竜川に沿った町でも船の交通が盛んになり、栄えてきました。
そのころの静岡県は、大名が治める藩(はん)や徳川家の家来(けらい)の領土(りょうど)である旗本領(はたもとりょう)、徳川幕府(とくがわばくふ)が代官(だいかん)をおいて直接治める天領(てんりょう)などに細かく分かれていました。
 
 

 
  「静岡県」の誕生
明治になり、駿府に静岡藩ができたあとで、「藩」が「県」と名前が変わりました。それから韮山県(にらやまけん)の一部となっていた伊豆地方と、浜松県を合併(がっぺい)して、今の静岡県になったのが明治9年8月21日です。これにちなんで、静岡県では毎年8月21日を「県民の日」として、この日にさまざまな行事を行っています。
静岡県は、豊かな自然と暖かな気候に恵まれているだけでなく、いつの時代も関東(かんとう)と関西(かんさい)の文化や人が行きかうとても大切な場所なので、いろいろな歴史が県内各地にきざまれています。
 
 
写真協力/社団法人静岡県観光協会

むかしばなしのページへ


お問い合わせ

知事戦略局広聴広報課県民のこえ班

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2244

ファックス番号:054-221-2419

メール:koe@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?