• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交担当部長室 > 2019年度中国大学生友好交流訪日団が来静しました

ここから本文です。

更新日:令和元年12月11日

2019年度中国大学生友好交流訪日団が来静しました。

中国各地の大学生500人で構成する「日中植林・植樹国際連携事中国大学生友好交流訪日団」が、11月下旬に来日しました。このうち本県には、11月25日から27日まで、浙江省の大学生50人が訪れ、大学生交流や植樹活動などを行いました。

三島市の順天堂大学保健看護学部では、大学生交流を実施しました。英語の授業やランチ会に参加し、英語や日本語でコミュニケーションをとりながら、互いに故郷や趣味などについて幅広く話し合いました。帰る頃にはすっかり仲良くなり、お互いに再会を約束したようでした。

また、訪問団からは、おもてなしへの御礼として、浙江音楽学院(杭州市内の音楽大学)の学生4人から音楽の贈り物がありました。中国の伝統楽器である笙や横笛、二胡を使ったプロ顔負けの演奏に、参加者は大変感動したようです。

掛川市では、松井市長を表敬訪問したほか、大東図書館で「松本亀次郎と周恩来の蝋人形」を、東山地区では世界農業遺産に認定された「茶草場農法」の茶園を視察し、最後に、大須賀県有防災林用地で植樹活動を行いました。学生たちは、松本亀次郎と教え子周恩来の関係や、茶草場農法が里山の生物多様性に役立っていること、防災林の必要性について学びました。この日は天気が崩れる予報でしたが、幸い雨は降らず、植林の最後には海岸に沈む美しい夕日が見られ、参加者は大変満足そうでした。

その後、訪問団は東京で「日中大学生500人交流会」に参加し、静岡での経験を発表しました。大学生達は皆、笑顔あふれる、素晴らしい体験が出来たようでした。

2019年から5年間は、日中両国政府間で「日中青少年交流推進年」と定められており、日中両国で多くの青少年交流が実施されます。今後も、日中の青少年が互いの理解を深め合う機会を活かし、本県と中国との交流が一層活発になるよう努めてまいります。

順天堂大学保健看護学部での英語授業

掛川市長表敬訪問

お問い合わせ

知事直轄組織総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-221-2750

メール:chokkatsu_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?