• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交担当部長室 > 静岡県・忠清南道友好協定締結5周年記念 大学生クッキングリレー事業

ここから本文です。

更新日:平成30年12月27日

静岡県・忠清南道友好協定締結5周年記大学生クッキングリレー事業

静岡県と韓国の忠清南道は、今年度、友好協定を締結して5周年を迎えました。両県道の記念事業の一環として、12月18日、静岡県立大学食品栄養科学部に御協力をいただき、忠清南道にある国立公州(コンジュ)大学校の学生ら12名を迎え、食に関する意見交換会とワークショップを開催しました。

県立大学で開催した意見交換会では、韓国内でも注目され始めている「食育」や、本県が健康寿命日本一である理由について、合田敏尚県立大学副学長から分かりやすくお話していただきました。

また、公州大学校の尹慧麗(ユン・ヘリョ)教授には、全ての食物が薬になる「薬食同源」の考えを基本とし、バランスの良さを特長としている韓国の食文化について、御説明いただきました。

午後は、静岡ガスエネリアショールームに会場を移し、ワークショップを開催しました。静岡県、忠清南道それぞれの特産品を使用した食育に効果の高い弁当をテーマとして、両大学の学生が事前に考案したレシピにより調理を行いました。

本県が誇る桜エビや地場野菜、忠清南道の特産品である栗やりんごなどの素材が上手に活用され、健康面にも配慮された、見た目にも色鮮やかなお弁当が出来上がりました。日本と韓国の料理の美味しさには国境がないことを実感いたしました。

来年2月には、県内のスーパーマーケット約30店舗において、今回、両大学の学生が考案したレシピの一部を活用したお弁当が販売される予定です。学生達が試行錯誤の末に完成させたお弁当を、県民の皆様にも是非、味わっていただきたいと思います。

 

静岡県立大学で開催した意見交換会

ワークショップでお弁当を作る学生たち

 

お問い合わせ

知事直轄組織総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-221-2750

メール:chokkatsu_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?