• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交監室

ここから本文です。

更新日:平成30年8月9日

地域外交監室

         

増井浩二

地域外交監

増井浩二

 

静岡県地域外交監室へようこそお越しくださいました。
地域外交監の増井浩二(ますいひろし)です。

岡県では、「静岡県地域外交基本方針」に基づき、中国、韓国、モンゴル、台湾、東南アジア、米国などの国・地域と積極的に地域間の交流を行っています。この4月には、本県を取り巻く状況の変化等を踏まえ、基本方針の見直しを行いました。「人をつくり、富をつくり、平和を築く地域外交の展開」を戦略方針に掲げ、「有徳の人・憧れの地域をつくる交流の促進」、「通商の促進」、「スポーツ・観光交流の促進」に重点的に取り組みます。

流の相手国としては、世界第2位の人口を有し、高い経済成長率を背景に県内企業の有力な投資先の一つとなっているインドを、「東南アジア・インド」として新たに重点国・地域に位置付けました。本県と歴史的に深いつながりがあるブラジルや、スポーツ等の交流を始めているイタリアなどとも、交流の輪を広げていきます。

成30年度は、新たな基本方針に基づき、人材育成や通商の促進、友好協定周年行事などの事業に取り組みます。

材育成では、昨年、覚書を交わしたインドネシア・西ジャワ州の政府職員や、ブラジルをはじめとする南米からの長期研修員の受入れにより、本県と交流先とを結ぶ架け橋となる人材の育成を進めます。あわせて、県内大学でアートマネジメントを学ぶ学生をブラジルに派遣し、日本文化の情報発信を行う「ジャパンハウス・サンパウロ」での日本文化紹介のインターン体験等を通じて、若い世代におけるグローバル人材の育成にも取り組みます。

商の促進では、県内企業の現地展開や販路拡大を支援するため、インドネシアやベトナム、タイで、現地進出企業や関係機関等によるネットワーク会議を開催します。新たに重点国に位置付けたインドとの今後の交流のため、現地調査や協議などを行います。

た、今年度は、韓国・忠清南道との友好協定締結5周年の年です。双方において記念式典を開催するとともに、静岡県立大学が主催する日韓次世代学術フォーラムの開催支援などを通じて、地域間交流を強化します。


県には、富士山や1,143品目を誇る多彩な農林水産物があります。優れたものづくりの技術や世界に誇る多くの魅力ある資源があります。今後迎える東京オリンピック・パラリンピック、ラグビーワールドカップなど、様々な機会を通じて、こうした本県の魅力を世界に発信します。

後も、国や地域による文化の違いを理解して、友好的互恵・互助の精神に基づき、観光、産業、教育、文化、防災等の幅広い分野で、相互にメリットのある地域外交を展開します。そして、県民の皆様や県内企業の皆様にも恩恵を享受していただけるよう取り組みます。

うぞ、ホームページを御覧いただき、お気軽に意見や感想などをお寄せください。

お問い合わせ

知事直轄組織総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-221-2750

メール:chokkatsu_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?