• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交担当部長室

ここから本文です。

更新日:令和元年8月16日

地域外交担当部長室

         

地域外交担当部長

掛澤孝壽

 

静岡県地域外交担当部長室へようこそお越しくださいました。

この4月から地域外交担当部長に就任したかけさわかひさ)す。

 

静岡県では、中国、韓国、モンゴル、台湾、東南アジア・インド、米国などの国・地域と積極的に地域間の交流を行っています。「人をつくり、富をつくり、平和を築く地域外交の展開」を戦略方針に掲げ、「有徳の人・憧れの地域をつくる交流の促進」、「通商の促進」、「スポーツ・観光交流の促進」に重点的に取り組んでいます。

 

平成31年度の主な取組として、中国とは、中国全土への影響力が強い首都北京での国際園芸博覧会に出展し、本県の知名度向上や関係機関との関係強化を図ります。

韓国とは、友好協定を締結している忠清南道から大学生の受入れ、または県内大学生の派遣を行うほか、朝鮮通信使記念事業などを通じて、地域間交流を強化します。

モンゴルとは、友好協定を締結しているドルノゴビ県などから長期研修の人材を受け入れることに加え、新たに日本語が堪能な高度人材の受入れを行い、本県とモンゴルの架け橋となる人材の育成を進めます。

台湾とは、スポーツ交流や高校生の海外修学旅行の促進などを通じてアウトバウンドを創出し、訪日旅客数と比較して台湾への旅客数が少ない状況の改善を図ります。

東南アジアとは、県内企業の現地展開や販路拡大を支援するため、主要国の投資誘致促進機関や日系の商社、公的金融機関等とのパートナーシップの構築を進めるほか、昨年度新たに重点国に位置付けたインドとの今後の交流に向けた現地調査や協議などのため、相互訪問を行います。

米国とは、日米カウンシル知事会議を通じたビジネス交流の促進に努めます。

また、ブラジルをはじめとする南米からの長期研修員の受入れ等により、本県と交流先とを結ぶ架け橋となる人材を育成します。

 

本県には、世界文化遺産「富士山」をはじめ、多彩で高品質な農林水産物や、優れたものづくりの技術など、世界に誇る多くの魅力ある資源があります。目前に迫ったラグビーワールドカップ2019や、東京2020オリンピック・パラリンピックなど、様々な機会を通じて、こうした本県の魅力を世界に発信します。

 

今後も、国や地域による文化の違いを理解して、友好的互恵・互助の精神に基づき、観光、産業、教育、文化、防災等の幅広い分野で、相互にメリットのある地域外交を展開します。そして、県民の皆様や県内企業の皆様にも恩恵を享受していただけるよう取り組みます。

 

どうぞ、ホームページを御覧いただき、お気軽に意見や感想などをお寄せください。

 

お問い合わせ

知事直轄組織総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-221-2750

メール:chokkatsu_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?