• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2011年6月号 > 地産地消レシピ「サクラエビと新茶のかき揚げ」/県民だより2011年6月号

ここから本文です。

更新日:平成23年5月29日

地産地消レシピ

サクラエビと新茶のかき揚げ
サクラエビと新茶のかき揚げ 駿河湾でしか採れないサクラエビは、静岡県を代表する食材の一つです。
そのサクラエビと新茶を使ったレシピを、沼津市にある「すし懐石 手打ちそば 西庵」の伊藤哲也さんに聞きました。

 

材料【4人分】
新茶(1煎使用後の茶葉)20g、サクラエビ(生)100g、卵黄 1個、水 100cc、小麦粉 55g、ベーキングパウダー 少々、揚げ油 適量、抹茶塩 適量

作り方 所要時間:20分
(1).冷蔵庫で冷やしておいた深めの器に、卵黄と水を入れ、卵水を作る。そこに小麦粉50gとベーキングパウダーを入れてざっくりと混ぜ、冷蔵庫に入れておく。
(2).サクラエビと茶葉の水気を切り、小麦粉5gを振り入れて、ボウルで混ぜる。
(3).(2)に(1)の天ぷら衣大さじ8杯程度を軽くなじませ、四つに分けておく。
(4).170℃に熱した揚げ油に直径10センチ程度のセルクル(ケーキの型)を入れる。その中に(3)を1人前ずつ入れて、菜箸でほぐす。さらに天ぷら衣をまぶし入れ、ボリュームを出す。
(5).セルクルを鍋底から軽く持ち上げ、きつね色に揚がったらセルクルを外して完成。抹茶塩をつけて召し上がれ。

ポイント
セルクルを使うことで、広がらず、厚みのあるかき揚げになります。必ずトングなどを使って持ち、やけどに注意しましょう。セルクルはふたと缶底を切った2号缶(直径10センチ、高さ12センチ程度の缶)でも代用できます。

栄養価【1人分】
エネルギー:198kcal タンパク質:6.9g 脂質:13.1g 塩分:1.1g

仕事人紹介

伊藤哲也さん

沼津の魚店に生まれ、小学生のころから料理人を目指す。12年前に開業し、日本料理を中心に自ら握る寿司や手打ちそばを目当てに県外客も多く訪れる。7月には沼津市上土町で狩野川沿いに店舗をリニューアルオープンする予定。
すし懐石 手打ちそば 西庵
沼津市高島町5-11 TEL055(922)7110

 





お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?