• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2011年7月号 > 地産地消レシピ「久能葉しょうがの駿河揚げ」/県民だより2011年7月号

ここから本文です。

更新日:平成23年7月14日

地産地消レシピ

久能葉しょうがの駿河揚げ
久能葉しょうがの駿河揚げ 久能葉しょうがは、温暖な気候を生かして、3月から7月にかけて出荷されます。爽やかな香りと辛味が特徴の葉しょうがとサクラエビ、抹茶を使った静岡ならではのレシピを静岡市にある「茄子の花 無庵」の早川亮介さんに聞きました。

 

材料【4人分】
葉しょうが 8本、タチウオ 2切、豚バラ肉(スライス)2枚、干しサクラエビ 10g、抹茶 小さじ1杯、小麦粉 125g、卵 1個、オリーブ油 25cc、ビール 125cc、塩 小さじ1杯、レモン1月2日個、揚げ油適量

作り方 所要時間:20分
(1)豚バラ肉を半分に切り、タチウオは三枚におろし骨を取っておく。
(2)葉しょうがに豚肉とタチウオを1本ずつ巻き付け、打ち粉をしておく。タチウオは崩れないようにつまようじで留める。
(3)卵を卵黄と卵白に分け、卵白は泡立てておく。
(4)小麦粉、卵黄、オリーブ油、ビール、塩をボウルで混ぜ、さらに(3)の卵白を入れて混ぜる。
(5)(4)を半分に分け、粗めに刻んだサクラエビと抹茶をそれぞれに入れて混ぜる。
(6)豚肉巻きには抹茶の衣、タチウオ巻きにはサクラエビの衣をそれぞれ軽く付ける。
(7)180度の揚げ油に豚肉巻きから入れ、2~3分で出来上がり。レモンをかけて召し上がれ。

ポイント
1.タチウオはタイやヒラメなど白身魚でも代用できます。2.衣にビールや卵白を使うことで、フリッターのようなふんわりとした食感に仕上がります。3.葉しょうがの大きさによっては、半分に切って使いましょう。

栄養価【1人分】
エネルギー:407kcal タンパク質:11.4g 脂質:28.6g 塩分:1.4g

仕事人紹介 早川亮介さん

早川亮介さん

藤枝市出身。東京の料理店で修業後、静岡へ戻り、平成19年なすびグループに入社。現在、静岡に11店舗、中国に4店舗展開しているなすびグループの総料理長に3年前に就任した。静岡県内産の食材を中心にした料理を数多く考案し、人々を魅了している。
茄子の花 無庵
静岡市葵区昭和町1-4 
TEL
/054(273)8855

 





お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?