• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2011年9月号 > 地産地消レシピ「アメーラトマトと新ショウガのマリネ」/県民だより2011年9月号

ここから本文です。

更新日:平成23年9月4日

地産地消レシピ

アメーラトマトと新ショウガのマリネ
アメーラトマトと新ショウガのマリネ 静岡生まれのアメーラトマトは、普通のトマトに比べ糖度が約2倍。適度な酸味と相まってフルーツのような甘さが特徴です。暑さが残るこの時期に最適の一品を、藤枝市にある「NORI」の西谷文紀さんに聞きました。
材料【4人分】
アメーラトマト 6個、新ショウガ 100g、米酢 80cc、蜂蜜 120g、ナンプラー(魚醤(ぎょしょう)) 30cc、唐辛子 1本、塩 少々、イタリアンパセリ 少々

作り方 所要時間:1時間10分
(1).アメーラトマトはヘタを取り、先端に切れ目を入れる。沸騰した湯につけ、皮がむけてきたら氷水に浸して皮をすべてむく。
(2).ショウガは皮をむき、薄切りにしたものをさっと湯通ししておく。
(3).唐辛子はヘタの部分を切り、種を取り除いて小口切りにする。
(4).(3)に米酢、蜂蜜、ナンプラー、塩を合わせてマリネ液を作る。
(5).(1)と(2)を(4)に入れ、冷蔵庫で1時間漬け込む。
(6).(5)をお皿に盛り付け、彩りにイタリアンパセリを添えて出来上がり。

ポイント
1.マリネ液に1日漬け込むと、さらにトマトの甘さが引き立ちます。
2.アメーラトマトの代わりにリンゴや堅めのモモをマリネ液(唐辛子を除く)に漬ければデザートとしておいしくいただけます。

栄養価【1人分】
エネルギー:80kcal タンパク質:2.2g 脂質:0.3g 塩分:0.7g

仕事人紹介 西谷文紀さん

西谷文紀さん

焼津市出身。大阪の調理専門学校を卒業後、日本料理やイタリア料理の修業を重ね、4年半イタリアへ。帰国後、神戸のイタリア料理店で2年間料理長を務めた。静岡の食材の素晴らしさを再認識し、独自の料理スタイルを確立したいと「NORI」をオープン。今年で8周年を迎える。
NORI
藤枝市時ヶ谷864-3 
TEL/054(641)4778

 





お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?