• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2011年12月号 > 地産地消レシピ「キヌサヤエンドウとポテトのフリコ」/県民だより2011年12月号

ここから本文です。

更新日:平成23年12月4日

地産地消レシピ

キヌサヤエンドウとポテトのフリコ
キヌサヤエンドウとポテトのフリコ 柔らかく、絹のようにつややかなキヌサヤエンドウ。中でも伊豆半島南部で栽培される「伊豆きぬさやえんどう」は、品質の高さから高級ホテルや料亭に出荷されています。これを北イタリアの伝統料理風に仕上げた一品を松崎町にある「イタリアンレストラン サルーテ」の佐藤健司さんに聞きました。
材料【4人分】
キヌサヤエンドウ 160g、ジャガイモ 小2個、ミックスチーズ 160g、粉チーズ 40g、バター 20g、塩・コショウ 少々

作り方 所要時間:30分
(1).キヌサヤエンドウは筋を取り、1分ほど塩ゆでする。ジャガイモは15~20分丸ごとゆでて皮をむき、5ミリほどの厚さの棒状に切る。
(2).フライパンにバターを入れ、弱火にかける。
(3).(1)とミックスチーズ、粉チーズをよく混ぜ、(2)に平らに広げて入れる。塩、コショウを振る。
(4).片面を2~3分焼いたら裏返し、もう片面も同様に2~3分焼く。
(5).(4)を盛り付けて出来上がり。

ポイント
1.こびりつきにくい加工がされたフライパンを使うと良いでしょう。 
2.具を少しずつ焼くと形が崩れにくくなります。 

栄養価【1人分】
エネルギー:289kcal タンパク質:16.3g 脂質:19.5g 塩分:1.3g

仕事人紹介 佐藤健司さん
佐藤健司さん イタリア旅行で食べた料理に魅了され、29歳でサラリーマンから料理人に転身。2年間でイタリアの7店舗のレストランを回り、帰国。東京・八王子市で3年間料理長を務め、2004年10月に松崎町に店舗をオープンした。地元の食材を使った創作イタリアンが人気。
イタリアンレストラン サルーテ
松崎町那賀170-9 
TEL/0558(43)0885




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?