• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2012年4月号 > 地産地消レシピ「イカの野ぶき射込み酢みそがけ」/県民だより2012年4月号

ここから本文です。

更新日:平成24年3月27日

地産地消レシピ

イカの野ぶき射込み酢みそがけ
写真・カの野ぶき射込み酢みそがけ 「JA伊豆太陽野ぶき」は伊豆半島南部の山あいに自生していたものを選抜したもので、自然豊かな風味と美しさが特徴です。この野ぶきを使った春らしい一品を下田市にある「下田 浜辺の宿 濤亭」の鈴木康弘さんに聞きました。
材料【4人分】
真イカ(スルメイカ) 1杯、野ぶき 400g、塩 45g、酢みそ(みそ 150g、卵黄 1個、砂糖 50g、酒 30cc、みりん 30cc、酢 50cc)

作り方 所要時間:1時間
(1).酢みそは、酢以外の材料を泡だて器でよく混ぜ、鍋に移して中火でプツプツしてから5分ほど木べらで練る。酢を加えて練り、ボウルに移してそのまま冷やす。
(2).野ぶきは塩20gを振り掛け、板ずりする。
(3).沸騰した湯に塩20gを入れて(2)を1分ほどゆでる。20分ほど流水にさらして皮をむき、ざるに上げて水を切る。
(4).真イカは胴の部分だけにして、軟骨と内臓を抜き出し、水洗いする。軽く塩を振って水気を切っておく。
(5).(4)の内径の大きさにフキを束ね、イカの胴に一気に入れる(射込み)。
(6).沸騰した蒸し器に入れ、中火で8分ほど蒸したらイカを1センチ幅に切って、酢みそをかけて出来上がり。

ポイント
1.余った酢みそは、冷蔵庫に保管しておくと数週間もちます。
2.野ぶきは食感と香りを楽しめるよう、ゆで過ぎ、蒸し過ぎに注意しましょう。

栄養価【1人分】
エネルギー:159kcal タンパク質:10.0g 脂質:3.0g 塩分:4.3g

仕事人紹介 鈴木康弘さん
写真・鈴木康弘さん 南伊豆町出身。高校卒業後、県東部の料理店、旅館などで修業し、2003年に「濤亭」の料理長に就任。キンメダイやイセエビのほか農産物も半径60キロメートル圏内の食材を使うよう心掛けている。
下田割烹調理師会常任理事。
下田 浜辺の宿 濤亭
下田市吉佐美348-7 TEL/0558(22)3450




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?