• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2012年6月号 > 地産地消レシピ「三方原馬鈴薯のほっこりオーブン焼き」/県民だより2012年6月号

ここから本文です。

更新日:平成24年6月3日

地産地消レシピ

三方原馬鈴薯(みかたばらばれいしょ)のほっこりオーブン焼き
三方原馬鈴薯のほっこりオーブン焼き 皮までおいしいと言われ、この時期限定のこだわりの男爵「三方原馬鈴薯」。おしゃれに手軽に楽しめる一品を浜松市「オルタ リストランテ」のイタリア人シェフ、ボノミ パッティーニ セバスティアーノさんに聞きました。
材料【4人分】
三方原馬鈴薯 600g、豚ひき肉 30g、シイタケ 30g、ハーブ(イタリアンパセリ) 2g・塩 3g・コショウ 1g・オリーブオイル 小さじ2・パルミジャーノチーズ 15g

作り方 所要時間:25分
(1)200度のオーブンで10分ほど焼いた馬鈴薯を少し冷ましてから半分に切り、器として使うため、下が平らになるように切った後、中身をスプーンでくりぬく。(2)くりぬいた馬鈴薯をボールに入れ、ひき肉、塩、コショウ、ハーブ、オリーブオイルを入れ混ぜる。(3)(2)を(1)でくりぬかれた馬鈴薯に詰めて盛り付け、スライスしたシイタケ、塩、コショウ、パルミジャーノチーズ、オリーブオイルをかけてから200度のオーブンで8分ほど焼いて出来上がり。

ポイント
1.(2)で馬鈴薯の形がくずれないように混ぜるとホクホクの食感が楽しめます。
2.エキストラバージンオイルを馬鈴薯にかけると味わいに爽やかな風味が加わります。

しずふぁんしずふぁんで今回の取材の様子やほかの料理も紹介しています。
ホームページ/http://shizufan.jp



栄養価【1人分】
エネルギー:169kcal/タンパク質:5.7g/脂質:4.5g/塩分:0.8g

仕事人紹介 ボノミ パッティーニセバスティアーノさん
ボノミ パッティーニ セバスティアーノさん イタリア・ピエモンテ州出身。自身で3代目となる料理人の家に生まれ、15歳で修業を始める。北イタリア・オルタ湖畔の三つ星ホテルなどで修業後来日、東京麻布や三ヶ日のレストラン、豪華客船・ゴールデンプリンセス号の第一シェフを経て2005年現店舗をオープン。

オルタ リストランテ
浜松市中区板屋町675 第2ハマエイビル2F
TEL/053(455)0321



お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?