• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2012年12月号 > 地産地消レシピ「海老芋(えびいも)のアイスクリーム」/県民だより2012年12月号

ここから本文です。

更新日:平成24年12月2日

地産地消レシピ

海老芋(えびいも)のアイスクリーム
海老芋(えびいも)のアイスクリーム 海老のような形からそう呼ばれ、磐田市が日本一の産地である「海老芋」。特徴である、ほどよい甘みときめ細かな食感を生かした甘味を、磐田市で35年間腕を振るう、うなぎ どじょう お料理 まつやの松澤登さんに聞きました。
材料【6人分】

海老芋 200g、クリームチーズ 100g、卵黄 3個、コンデンスミルク 200g、牛乳 200cc、生クリーム 150g、ラム酒 大さじ1(お好み)

作り方 所要時間:2時間30分

(1)海老芋は皮をむき約2cm幅の輪切りにして約15分蒸す。

レシピ1
(2)ボウルにクリームチーズ、海老芋、卵黄、コンデンスミルクの順に入れながらよく混ぜる。

レシピ2
(3)牛乳を約2分、沸騰させない程度(60度位)に温める。

レシピ3
(4)(3)を(2)に少しずつ入れて混ぜ合わせ、しっかりと裏ごしする。

レシピ4
(5)(4)を鍋に入れ、弱火でだまにならないように木べらなどで混ぜながら火にかけ、沸騰したら火を止める。

レシピ5
(6)(5)をボウルに移し氷水を当てて冷やした後、別のボウルで6分立てに泡立てた生クリームの中に入れ、お好みでラム酒を加えてから冷凍庫で約2時間凍らせて出来上がり。

ポイント
1.凍らせる時には、時々冷凍庫から取り出しフォークなどで混ぜてください。なめらかな食感に仕上がります。
2.黒蜜をかけたりベリーなどを添えるとお好みの味わいが楽しめます。
栄養価【1人分】
エネルギー:エネルギー:349kcal タンパク質:8.0g 脂質:23.0g 塩分:0.4g
仕事人紹介 松澤 登さん
松澤 登さん 芸1962年、舘山寺のホテルにて和食の道へ。その後東京や磐田などの旅館や料理店で修行を重ね1977年に独立し磐田市国府台(こうのだい)に「まつや」を開店、2005年から現店舗地にて腕を振るう。ウナギ、ドジョウをはじめお米、薬味のネギに至るまで素材には徹底したこだわりを持っている。
うなぎ どじょう お料理 まつや
磐田市上新屋713-1
TEL/0538(34)7403

 




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?