• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2013年4月号 > 地産地消レシピ「生かつおのレアステーキ ガーリック風味」/県民だより2013年4月号

ここから本文です。

更新日:平成25年3月31日

地産地消レシピ

生かつおのレアステーキ ガーリック風味
生かつおのレアステーキ ガーリック風味 新鮮さとしっかりした食感が特徴の「御前崎生かつお」。旬の食材がいつもと違うおしゃれなスタイルで楽しめる一品を焼津のフレンチレストラン ボン・コラージュの萩原雅之さんに聞きました。
材料【4人分】

生かつお 400g、ニンニク2片(30g)、ジャガイモ 中1個、牛乳 15cc、白ネギ 1/2本、オリーブオイル 約60cc、塩・コショウ 各少々、バター 80g、レモン 1/6個、パセリ10g、アサツキ 少々

作り方 所要時間:30分

(1)フライパンにオリーブオイルを入れ、薄くスライスしたニンニク(1.5片)を弱火で焼き色が付く程度まで揚げ、油を切っておく。
(2)残りのニンニク(0.5片)と1cm幅の輪切りにしたジャガイモを約12分ゆでて裏ごししボウルに入れる。温めた牛乳と塩、コショウを加え、オリーブオイルを数滴入れて味を調える。
(3)フライパンに(1)のオリーブオイルを入れ、塩、コショウを振ったかつおを切らずにそのまま強火で軽く色つく程度に焼いた後オーブンに移し120度で約4分焼く。
(4)フライパンにバター、塩、コショウを入れる。初めは中火で泡が出てきたら弱火にし、気泡が少なくなったところで火を止めレモンを搾り入れ、刻んだパセリとアサツキを加えソースを作る。
(5)皿にスプーンで取り分けた(2)をのせて(1)のニンニクを飾り、輪切りにした(3)をのせる。(4)と細く切った白ネギをのせて出来上がり。

ポイント

1.かつおを焼く時は強火でさっと焼くと、うま味が中身に閉じ込められます。
2.(4)ではソースを焦がさないように注意し、またトマトやケッパーなどを加えてもおいしく仕上がります。

栄養価【1人分】
エネルギー:エネルギー:390kcal タンパク質:26.9g 脂質:26.9g 塩分:1.1g
仕事人紹介 萩原 雅之さん
萩原 雅之さん 高校で建築士を目指しながらも「何かを創造し作り上げる」という共通点にひかれ、卒業後は料理の道を志す。洋食店を皮切りに東京のフレンチレストランや静岡のホテルで学び1996年にボン・コラージュを開店。心がけるのは素材をこわさずに飾り付けで魅せること。
レストラン ボン・コラージュ
焼津市西焼津27-5トリオンビル2F
TEL/054(621)0353



お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?