• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2013年6月号 > 地産地消レシピ「チンゲン菜の冷製スープ ロワイヤル」/県民だより2013年6月号

ここから本文です。

更新日:平成25年6月2日

地産地消レシピ

チンゲン菜の冷製スープ ロワイヤル
チンゲン菜の冷製スープ ロワイヤル 中国野菜の代表格、チンゲン菜は、ビタミン群、食物繊維を豊富に含んでいます。チンゲン菜を使って、フランス料理で「ロワイヤル」(写真左下)と呼ばれる洋風茶わん蒸しに、冷製スープ(写真右)をかけていただくユニークなメニューを、和風フレンチの店「杜(もり)のふう」総料理長の堤 浩二さんが紹介します。
材料【4人分】
(ロワイヤル)チンゲン菜の葉1/2把、昆布だし100cc、全卵1個、生クリーム30cc 
(スープ)チンゲン菜の茎1把・葉1/2把、長ネギ1本、タマネギ1/2個、ジャガイモ小1個、セロリ・ニンジン各少々、牛乳120cc、生クリーム60cc、バター適量、カレー粉・塩・コショウ少々

作り方 所要時間:60分
(1).ロワイヤルの材料を全て合わせ、ミキサーにかけてから、こす。
(2).(1)を容器に入れ、蒸し器で約8分蒸して固め、冷ます。
(3).スープ材料の野菜(チンゲン菜は茎のみ)を厚めにスライスして鍋に入れ、バターで炒めてから、具が浸かるくらいの水を入れて火にかける。
(4).野菜が柔らかくなったら残りのチンゲン菜の葉を加え、ミキサーにかける。
(5).生クリーム、牛乳、カレー粉、塩、コショウで味を調え、冷ます。
(6).スープをロワイヤルにかけて召し上がれ。

栄養価【1人分】
エネルギー:195kcal タンパク質:4.1g 脂質:14.9g 塩分:0.9g
(栄養価計算:県東部健康福祉センター健康増進課)

仕事人紹介 堤 浩二さん
堤浩二さん 東京のレストランでフランス料理の修業を積んだ。フレンチのカテゴリーにとらわれない料理をコンセプトにし、地元産の野菜のほか、浜名湖産の魚介類、三ケ日牛など地産地消を心がけている。野菜をふんだんに使った料理は女性に好評。
「杜のふう」 
浜松市北区三ケ日町津々崎367-1 
TEL/053(524)1077




お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?