• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 知事直轄組織 > 広聴広報課 > 情報誌一覧 > 県民だよりトップページ > 県民だよりバックナンバー > 県民だより2013年8月号 > 折戸なすの二色みそ田楽/県民だより2013年8月号

ここから本文です。

更新日:平成25年8月4日

地産地消レシピ

折戸なすの二色みそ田楽
折戸なすの二色みそ田楽 静岡市清水区の三保、折戸地区で栽培されている折戸なすは、徳川家康にこよなく愛されたといわれています。白と赤、2種類の田楽みそを使ったメニューを、静岡市清水区にある「茄兵衛」の山崎紀彦さんに教えていただきました。
材料【4人分】
折戸なす 2個、ミョウガ、インゲン、パプリカ(赤・黄)適量、サラダ油(素揚げ用)適量 [田楽みそ(赤・白それぞれ同分量で)] みそ200g、酒 大さじ5弱、みりん 大さじ2と1/2、砂糖 100g、卵黄 1個 ※田楽みそは作りやすい分量の目安です。
作り方 所要時間:30分
(1).赤みそ、酒、みりん、砂糖を鍋で弱火にかけ、とろみがつくまで煮る。
(2).卵黄を入れ、完全に混ざったら火を止め、田楽みその出来上がり。
(3).白みそも同じように作る。
(4).なすを半分に切った断面に格子状に包丁を入れる。
(5).170~180度のサラダ油に(4)の断面を下側にして入れ、素揚げする。2分ほど揚げ、断面がキツネ色になったら、裏返して、さらに約1分揚げる。
(6).よく油をきり、断面の半分に白い田楽みそ、残りの半分に赤い田楽みそを厚めに塗る。
(7).オーブンで、みその表面に軽く焦げ目がつく程度(約3分)焼く。
(8).小口切りしたミョウガ、素揚げしたパプリカ、ゆでたインゲンを飾って出来上がり。

栄養価【1人分】
エネルギー:165kcal タンパク質:3.2g 脂質:6.7g 塩分:1.9g
(栄養価計算:県東部健康福祉センター健康増進課)

仕事人紹介 山崎 紀彦さん
山崎紀彦さん

NASUBIグループの副総料理長。旬のもの、県内産の素材をできるだけ使い、素材の味を最大限に引き出す料理作りを目指している。また、実家が茶農家ということもあり、お茶を使ったメニューにも力を入れている。
「茄兵衛(なすべえ)」

静岡市清水区草薙1-26-1
TEL/054(348)8788





お問い合わせ

知事直轄組織知事戦略局広聴広報課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2231

ファックス番号:054-254-4032

メール:PR@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?